相続税の計算

ここでは相続税の計算はどのようなしくみになっているのかをご案内します。
簡単に知りたい方は、「概要編」と「具体例」と「節税の要は?」を、きっちり知りたい方は「詳細編」も御覧ください。

相続税とは

人の死亡により、その亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続等した人(相続人等)が取得した財産に対して課税される税金です。

相続税の計算方法(概要編)とその主旨

相続税は、各人の課税価格の合計額から、その遺産にかかる基礎控除額を控除した金額を、仮に法定相続人が法定相続分に応じて取得したとして計算された各取得金額につき、超過累進税率を適用して計算し、その税額を合計して、総額(A)を確定します。

この方法により、相続人等の間での財産の分け方によって、相続税の総額が基本変わってくることがないようにし、課税の公平性を担保しているわけです。

各人が実際に納付すべき相続税額の計算は、その相続税の総額(A)を実際の取得財産に応じて按分し、その金額から、税額控除額を差引いた金額となります。

  • 相続税の計算の流れ

上記を式で表すと、以下の流れになります。
①    相続財産-非課税財産=遺産総額
遺産総額-(債務+葬式費用)+生前贈与加算=課税価格

②    課税価格-基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)=課税遺産総額
法定相続人の法定相続分×税率=各人の相続税額
(各人の相続税額の合計が相続税の(A))

③ 相続税の総額(A)×各人の課税価格/課税価格の合計額
=各人の取得財産に応じた相続税額

<具体例>
上記の流れを具体例を使って、図に示しますと、下図のようになります。
【事例】括弧内の数字は平成29年1月1日以降に相続が開始した場合です

 

上記の例の場合は、納付すべき税額が発生するのは長男のみ、16,634万円ということになります。

計算方法(詳細編)

ここでは、より詳しい計算方法を、上記概要編と対応させて、ご説明いたします。

① 各人の課税価格の計算

まず、相続や遺贈及び相続時精算課税の適用を受ける贈与によって財産を取得した人ごとに、課税価格を次のように計算します。

 

(注)
1. 「相続時精算課税」の特定贈与者(相続時精算課税に係る贈与者)が死亡した場合には、相続時精算課税の受贈者は、特定贈与者から相続又は遺贈により財産を取得しない場合であっても、相続時精算課税の適用を受けた贈与財産は相続又は遺贈により取得したものとみなされ、贈与の時の価額で相続税の課税価格に算入されることになるので注意してください。

2. 相続又は遺贈により財産を取得した相続人等が、相続開始前3年以内にその被相続人からの「暦年課税に係る贈与」を受けている場合は、その贈与によって取得した財産の価額は相続税の課税価格に含めて計算しなければいけないので、漏れの無いように資料を調べて加算しましょう。

 

②  相続税の総額の計算

イ 上記①で計算した各人の課税価格を合計して、課税価格の合計額を計算します。
   各相続人の課税価格の合計 = 課税価格の合計額
ロ 課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて、課税される遺産の総額を計算します。
課税価格の合計額 - 基礎控除額(3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数)
= 課税遺産総額

 

(注)
1. 平成26年12月31日以前に相続が開始(被相続人が死亡)した場合の基礎控除額は上記と異なります。

2. 「法定相続人の数」は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。
※法定相続人のなかに養子がいる場合の「法定相続人の数」は、別途定めがあります

 

ハ 上記ロで計算した課税遺産総額を、各法定相続人が民法に定める法定相続分に従って取得したものとして、各法定相続人の取得金額を計算します。
課税遺産総額 × 各法定相続人の法定相続分 
= 法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額(千円未満切り捨て)
ニ  上記ハで計算した各法定相続人ごとの取得金額に税率を乗じて相続税の総額の基となる税額を算出します。
法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額 × 税率 = 算出税額
ホ 上記ニで計算した各法定相続人ごとの算出税額を合計して相続税の総額を計算します。
各法定相続人ごとの算出税額の合計=相続税の総額(A)

 

③    各人ごとの相続税額の計算

相続税の総額を、財産を取得した人の課税価格に応じて按分し、財産を取得した人ごとの税額を計算します。
相続税の総額(A) × 各人の課税価格 ÷ 課税価格の合計額 = 各相続人等の税額

 

➃ 各人の納付税額の計算

上記③で計算した各相続人等の税額から各種の税額控除額を差し引いた残りの額が各人の
納付税額になります。

 

【注意】「20%加算」~遺言書作成時には留意を~
財産を取得した人が被相続人の「配偶者又は一親等の血族」でない場合(つまり、父母、子供以外の者である場合)、税額控除を差し引く前の相続税額にその20%相当額を加算した後、税額控除額を差し引くことになるのを心に留めておきましょう。

上記の20%加算は、子供が、被相続人の死亡以前に死亡しているときの孫(その子供の代襲相続人として相続人になったその子供の子)については、加算する必要はありません。
代襲相続人としてではなく、被相続人の養子として相続人となっている孫については加算する必要があるわけです。

 

各種の税額控除等は次の順序で計算します。

※ 各相続人等の納付すべき税額が赤字の場合は、下記の金額の還付を受けることができます。

 

節税の要は?

以上、計算の過程を詳しく見て参りましたが、要となりますところは、過程の一番はじめの、「財産の価額として適正な評価額を確定させる計算」です。

例えば使用しにくい要因がある土地はそれなりの評価減がされることは課税上妥当とされているわけです。相続税・贈与税についてお考えになられる時は、土地の評価方法、相続人間での分割方法の注意点などを相続税の申告に熟練した税理士にぜひご相談していただくことをお勧めいたします。

相続税の計算について

無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介