相続税が無申告の場合

相続税の申告が必要な人が申告しなかった場合(無申告)の注意点

こちらでは、相続税を申告する必要がある人が申告をしなかった場合、相続税の無申告についてご案内をさせていただきます。

近年、相続税を申告する必要があるのに申告をしていない人が多くいることが指摘されています。なぜ、このような相続税の無申告が多く存在していると言われているのでしょうか。

 

 

相続税の大幅改正

平成27年1月1日以降の相続税について大きな改正が行われました。基礎控除額が40%も削減されたのです。

●基礎控除額

●平成26年12月31日まで

5000万円+1000万円×法定相続人の数

●平成27年1月1日以降

3000万円+600万円×法定相続人の数

この改正により相続税の課税対象となる被相続人が大幅に増加することになりました。

相続税の課税対象者の増加

具体的には相続税の課税対象となった被相続人数は平成26年に約1万9千人だったものが、平成27年には約3万2千人と約1万3千人も増加しました。課税割合も7.5%から12.7%と5.2%も増加しています。(国税庁HPより)

 

相続税が無申告の場合について

無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介