小規模宅地の特例

こちらでは小規模宅地の特例の概要についてご説明いたします。
小規模宅地の特例とは、被相続人が生前、住宅や事業に使用していた宅地等がある場合にその宅地等の評価について一定割合を減額できるというものです。

小規模宅地の特例の適用要件

小規模宅地の特例の適用を受けるためには、一定の要件を満たす必要があります。
その要件は以下の通りです。

① 適用対象者の要件

相続または遺贈により特例の対象となる宅地等を取得した個人であり、かつ被相続人の親族に限られる。

※法人が取得したり、個人でも贈与により取得した場合は特例の対象となりません。

② 特例の対象となる宅地等の要件

被相続人または被相続人と生計を一にしていた親族の事業(不動産の貸付けを含む)、もしくは居住用として使用されていた宅地等または国の事業に使用されていた宅地等であること

建物や構築物の敷地として使用されていたものであること

③ 分割の要件

制度の適用を受けようとする宅地等が、相続税の申告期限までに分割されていること

申告期限までに分割されていない土地であっても申告期限から3年以内に分割がされた場合や、3年以内に分割が決まらなかった場合でも未分割であることについてやむを得ない事情があり、税務署長にその承認を受けた場合で、その事情がなくなった後4ヶ月以内に分割がされた時には特例の適用を受けることができます。

④ 申告手続きの要件

相続税の申告書にこの特例を受ける旨を記載し、一定の書類を添付して提出すること

小規模宅地の特例の適用が受けられない場合

では、どのような場合に小規模宅地の特例の適用が受けられないのか見てみましょう。
適用が受けられない場合は以下の通りです。

① 特定物納制度適用者である場合

特定物納制度は従来の物納制度とは異なり、延納から物納への切り替え時の時価によることになり、小規模宅地の特例を受けている相続財産には馴染まないため対象外

② 特定の贈与者から特定同族株式等の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例、及び当該贈与税の特別控除の特例適用者である場合

特定同族法人の過半数の議決権を持つ代表たる特定受贈者が特定同族株式等を受贈して相続時精算課税の特例及び当該贈与税の特別控除の特例を受け、又は受けている場合は、小規模宅地の特例を受けることはできない

上記に当てはまらない場合でも適用されるケースがあるのでその際には確認が必要です。

適用の際の注意点

最後に特例を適用する際の注意点です。
相続税の節税対策として頻繁に活用されている生前贈与ですが、生前贈与によって土地を贈与してしまうと小規模宅地の特例の適用が受けられません。
そのため、小規模宅地の特例の適用要件を満たしている宅地等を生前贈与してしまうと、本来払わなくてもすんだ相続税を払うことになりますので注意が必要です。

そのほかにも、被相続人が老人ホームに入居して空き家になってしまった場合において、他人に貸してしまうと小規模宅地の特例の適用が受けられません。空き家にしておくのがもったいないからという判断で貸してしまうと、貸家建付地扱いになってしまうので注意が必要です。貸家建付地の場合、条件にもよりますが2割程度の減額なので、6割の減額分を損してしまいます。

小規模宅地の特例の適用要件を満たす宅地等が複数ある場合は、その中からどの宅地等に特例を適用させるのか、相続人が自由に選択することが可能です。
減額メリットが大きい特例のため、ついその場の活用だけに目が行ってしまいがちですが、
相続人の誰がどんな資産を相続するのか、また次の世代の二次相続の望ましい形はなにか、まで含めて考えなければなりません。特例の減税効果を最大限に活用したい方は、税理士などの専門家に相談してみましょう。


 

動画で学ぶ相続税

日経CNBC「第5話 節税対策各論・小規模宅地の特例その1」

2018年5月25日放映

>>動画で学ぶ相続税をもっと見る(動画一覧ページへ)

東京・神奈川・埼玉の12拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

ご存知ですか?書面添付制度

書面添付制度

当法人では、申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

税務調査1%以下

さらに、書面添付制度を用いる事で、税務調査に移行する前に、財産が出てきた場合には、加算申告加算税がカットされるため、追徴課税が10%相当が免除されるというメリットがあります。

このお客様にとって非常にメリットのある制度は、税理士の責任も大きくなるため、95%以上の税理士が使用しないとも言われております。税理士を費用面だけで選んで、たとえ報酬が50万円安くても、後から300万円の追加で税金を請求されては意味がありません。

信頼の実績ある税理士を選びましょう!まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

相談する前に知っておきたい、ランドマーク税理士法人5つの強み

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。
私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介