相続税申告のご相談は新宿駅前事務所へ

相続税とは? 相続税申告は必ずしなければいけない?

相続税とは、相続によって遺産を受け継ぐ際に、遺産総額が相続税の基礎控除額を超える場合に、受け取る人に課される税金のことです。相続税は国に納める国税で、その金額を申告することを相続税申告と言います。
相続税はお亡くなりになった方(被相続人)のご住所を管轄する税務署に申告と納税をします。例えば、新宿区高田馬場に住所があった場合は新宿税務署が、新宿区新宿2丁目に住所があった場合は四谷税務署が管轄の税務署になります。相続税に関する法律については、新宿の独自ルールがあるわけではなく、全国どこでも同じです。

相続税の申告は、必ずしなければならないわけではありません。相続財産の総額が相続税の基礎控除額を超えている場合は必ず相続税申告が必要です。ただし、相続税がかからない=相続税申告が不要というわけではなく、特例の適用を受ける場合は相続税申告をしなければならず、知らずに申告をせずに期限を超えた場合は税務署から申告漏れを指摘される可能性がありますので注意が必要です。

相続税の納税額は自動的に送られてくるわけではありません

相続税の納税額は税務署が計算して納税者に納付書が送られてくるわけではありません。納税者が計算して申告する必要があるのです。税金の中でも馴染みの深い固定資産税や住民税のように「この建物の固定資産税は□□□円です」や「新宿区の住民であるあなたには住民税が□□□円かかります」というような納税額の通知と納付書が送られてくる税金もありますが、相続税は違います。
相続する財産によって納税額が変わりますので、納税者本人で納税額を計算して、お亡くなりになった方の住所を管轄する税務署に納税する必要があります。被相続人が新宿区新宿2丁目に住所があった場合は四谷税務署が管轄になるのでそこに申告します。
ただし、相続税の納税には期限があり、さらに相続した財産の種類や額によっては計算が煩雑になってきます。それ故、ほとんどの方が相続税の手続きを税理士に依頼しています。

相続税の申告と納税の期限は10ヶ月以内!

相続が発生して気になるのは、いつまでに、何を行えばいいのか、という点です。
相続税の申告書は、被相続人の死亡(=「相続の開始」と呼びます)を知った日の翌日から10か月以内に提出すること、そして相続税の納付も同じく10か月以内に行うことが定められています。
この10か月の期間中には、被相続人の所有していた財産や債務がどのくらいあるのかを確認し、遺産分割を行い、納付方法を検討しながら申告書を作成していきます。

相続税申告をしなかったらどうなる?

相続税申告が必要なのに申告しなかった場合、通常の相続税に加えて払わなくてはならない税金が発生してしまします。
相続税の申告期限は、納税期限と同じく、相続開始を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から10ヶ月以内となっています。10ヶ月を超えて申告・納税がされなかった場合は以下の3つの税金が発生する可能性があります。
無申告加算税  申告期限までに申告をしなかった場合に課される税金
延滞税  納税期限までに納税をしなかった場合に課される税金
重加算税  特に悪質な場合と認定された場合に課される税金(証拠書類の偽装や隠蔽、遺産隠しがあったような場合)
無申告でかつ、上記例のような悪質行為があった場合は、無申告加算税や延滞税に加えて、重加算税(相続税額の40%)も納付する必要が生じます。

相続税申告には申告書と共に、申告内容を証明する様々な資料を一緒に提出する必要があります。相続税の申告にかかわる手続きは、人生のうちでそう何度もあることではありません。「相続税の申告をしなければいけないかもしれないけど、何から始めたら良いかわからず困っている」という方は、上記のような無駄な税金を払う事にならないよう、相続税の専門家に相談することをおすすめいたします。

相続税専門の税理士を選ぶ理由

相続税申告を依頼する際、税理士なら誰に頼んでも結果は同じとお考えの方も多いと思いますが、相続税の計算の仕方によって相続税の納税額は大きく変わります。
それが相続税申告の手続きを依頼する税理士をきちんと選ばなくてはならない理由なのです。

なぜ依頼する税理士によって納税額が変わるのか

相続税の納税額は、相続財産の額によって変わります。相続財産は必ずしも現金だけというわけではない場合も多いく土地や建物、動産、権利なども相続財産です。相続財産は金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてなので、それらを”いくらの価値であるかとするのか”が納税額を決めると言えるのです。
相続税申告に精通している税理士は豊富なノウハウを基に、適正に特例等を活用することで財産の評価額を最大限に抑えて計算をすることができます。
ノウハウがない税理士では適正な評価額を導くことができませんので、結果的に相続税申告に強い税理士と、そうでない税理士で相続税の納税額が変わってくるのです。

選ぼう! 本当に相続税申告に強い税理士

相続税について税理士であれば誰でも精通しているわけではありません。最近また相続税の法改正もあり、多くの税理士は、「法人税」や「所得税(個人)」を取り扱っているため、相続税に詳しい税理士は殆ど存在しません。相続税は難易度が高く税理士でも適性に計算することが難しい分野です。
相続税申告を税理士にお願いする際は、必ず相続税申告に強い税理士を選びましょう。

新宿駅、新宿三丁目駅、新宿御苑駅からすぐ!

相続税申告相談プラザを運営しているランドマーク税理士法人の新宿駅前事務所では、新宿にお住まいの方はもちろん、新宿以外の相続税申告手続きもお手伝いしております。相談される税理士を選ぶ際は、税理士の相続税の知識経験に加えて、事務所へのアクセスの良さも大きなポイントです。新宿駅前事務所は、JR新宿駅から徒歩5分新宿三丁目駅から徒歩2分新宿御苑駅から徒歩5分の立地にあります。 会社帰りやお買い物のついでにも、お立ち寄り頂きやすい事務所となっております。新宿駅近くで相続税専門の税理士をお探しの方は是非、ランドマーク税理士法人 新宿駅前事務所をご利用ください。

新宿駅前事務所では、相続税の申告、節税対策、不動産の贈与、譲渡のご相談といった 資産税関連業務のほか、税務・会計を通じた顧問先企業様の支援、コンサルティング等も取り扱っております。 月次監査やお打合せの際はお客様のご自宅へ訪問させて頂いたり、当事務所までお越し頂いたりと、お客様のご要望に合わせてご対応させて頂きます。

新宿で相続税相談なら! 新宿駅前事務所へお越しください

賑やかで華やかなイメージの新宿ですが、新宿御苑という広大な庭園があり、四季折々の豊かな自然とふれあうことができ、落ち着いた雰囲気も味わうことができます。 当事務所の窓からは、高層ビルの立ち並ぶ新宿の都会的な風景と、都会の喧騒から離れた豊かな緑が広がる風景の2種類が楽しめます。当事務所は緑豊かな新宿御苑の目の前にございます新宿土地建物第11ビルの3階のワンフロアとなっております。事務所の玄関口では季節ごとに代わる手作りのウェルカムボードでお出迎え致します。

当事務所には、明るく清潔感があり広々とした開放的な応接室を3つご用意しておりますので、是非ご利用ください。また他事務所と同様、相続の相談窓口である「丸の内相続プラザ」を併設しており、ここでは相続対策や相続手続にお困りの際に、初回無料相談をご利用いただけます。 無料面談のご予約はお電話やホームページにて承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。また相続だけではなく節税対策や法人設立にお悩みの方もご相談いただけます。

経験・知識ともに豊富な社員がお客様に寄り添い、真摯にご対応させていただきますので、相続税の対策を始めたい方、相続手続きにお困りの方や相続税申告が必要な方、無料個別相談も随時承っておりますので、ぜひ新宿駅前事務所にお気軽にお立ち寄りください。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

ご存知ですか?書面添付制度

書面添付制度

当法人では、申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

税務調査1%以下

さらに、書面添付制度を用いる事で、税務調査に移行する前に、財産が出てきた場合には、加算申告加算税がカットされるため、追徴課税が10%相当が免除されるというメリットがあります。

このお客様にとって非常にメリットのある制度は、税理士の責任も大きくなるため、95%以上の税理士が使用しないとも言われております。税理士を費用面だけで選んで、たとえ報酬が50万円安くても、後から300万円の追加で税金を請求されては意味がありません。

信頼の実績ある税理士を選びましょう!まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

相談する前に知っておきたい、ランドマーク税理士法人5つの強み

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。
私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
    • 日経CNBC「プロに聞く 円満相続・賢く節税」の特別編
    • プロに聞く 円満相続 賢く節税
    • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
    • 累計2万6,000部突破
    • テレビCM放映中
    • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定