相続税における事業承継についての特例

経営者が後継者に事業を引き継ぐ際、問題となるのは経営する法人の株式の承継です。後継者は安定した企業経営を行うために十分な株式を取得する必要がありますが、後継者には買取資金がないのが通常です。従って、経営者が後継者に株式を贈与する、又は後継者が相続により株式を取得することになりますが、これらの方法では多額の贈与税・相続税が発生して、承継を妨げることがありました。特例は、経営承継円滑化法及び税法により負担の軽減を図るために導入された制度です。「事業承継税制」「金融支援」「民法特例に係る認定」の3つがあります。

 

事業承継税制について

事業承継税制とは、後継者が、都道府県知事の認定を受けた非上場会社の株式等を先代経営者から相続又は贈与により取得した場合において、相続税、贈与税の納税が猶予される特例制度です。

相続税の納税猶予制度

  • 相続、遺贈により後継者が納付すべき相続税のうち、相続により取得した非上場株式等に係る課税価額 の80%に対応する税額が納税猶予されます。

※相続前から後継者が既に保有していた議決権株式等を含め、発行済議決権株式総数の2/3に達するまでの部分に限ります。

 

贈与税の納税猶予制度

  • 生前贈与により後継者が納付すべき贈与税のうち、贈与により取得した非上場株式等に係る課税価額の全額に対応する税額が納税猶予されます。

※贈与前から後継者が既に保有していた議決権株式等を含め、発行済議決権株式総数の2/3に達するまでの部分に限ります。贈与の納税猶予から相続への納税猶予の切替は申請が必要です。

 

<認定の会社の要件>

中小企業者であること、上場会社・風俗会社でないこと、従業員が1名以上いること、資産保有・運用会社に該当しないこと等

※平成25年度改正(平成27年1月施行)により親族外承継も対象化しました。

 

<後継者の主な要件>

【相】は相続税、【贈】は贈与税

  • 相続開始時又は贈与時において、後継者と後継者の親族などで総議決権数の 過半数を保有し、かつこれらの者の中で筆頭株主であること。【相】【贈】
  • 相続開始の直前において役員であり、相続開始から5ヶ月後に代表者であること。【相】
  • 贈与時に20歳以上、贈与の直前において3年以上役員であり、かつ、 代表者であること。【贈】

 

<事業継続の主な要件>

  • 相続税・贈与税の申告期限から5年間は、以下の要件で事業を継続が必要。【相】【贈】

①雇用の8割以上を5年間平均で維持

②後継者が代表を継続

③先代経営者が代表者を退任(有給役員として残留可【贈】)

④対象株式を継続して保有

⑤上場会社、資産管理会社、風俗関連事業を行う会社に該当しないこと 等

 

手続き上の留意点

①審査は都道府県 ⇒都道府県知事の認定、税務署へ申告

②【申告期限後5年間】県へ「年次報告書」を提出(1年に1回)⇒税務署へ「継続届出書」を提出

③【5年経過後】税務署へ「継続届出書」を提出(3年に1回)

 

金融支援について

先代経営者の死亡や退任が原因となって、承継及び事業に支障が生じている中小企業者に対し、都道府県知事が認定を行い、以下の金融支援措置を講じています。

(1)中小企業信用保険法の特例

認定を受けた中小事業者(会社及び個人事業者)の資金需要に対応します。中小企業信用保険法に規定されている保険枠と別枠化し、債務保証の枠を拡げることで金融機関からの資金調達が行いやすくします。

・株式や事業用資産の買い取り資金

・信用状態が低下している中小企業者の運転資金等を想定しています。

(2)株式会社日本政策金融公庫法及び沖縄振興開発金融公庫法の特例

代表者個人の資金需要に対応します。

・株式や事業用資産の買い取り資金、相続にかかる遺留分減殺請求への対応資金、相続税、贈与税の納税資金等

なお、特別に低い金利(特別利率)が適用されます。

※それぞれ審査があります。

 

民法特例に係る認定について

贈与については、親族内の遺留分権利者の全員が合意をすることにより、相続法における法律関係を合一的に確定させる「民法特例」の制度です。これによって、株式等の分散を防止し、後継者への円滑な集中を図るものになっています。

①除外合意(遺留分減殺請求の未然防止)

②固定合意(贈与株式の評価額を予め合意時に固定し後継者が株式価値上昇分を保持できる)

 

最後に

以上は平成29年度の法律、情報に基づいております。計画の立案と実行にあたっては、最新の情報の入手、事前準備と、税理士等専門家の助言を得て、迅速に進める必要があります。

事業承継に心配な方はまず一度相談してみることをお勧めします。納税額を少なくするためにできる対策は様々ありますので、将来必ず起こる相続のためにしっかりと対策をとり、次の世代に大切な資産を引き継げるよう準備をしましょう。

 

無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日に限らず土曜日も対応しているほか、事前予約いただければ日曜日も対応しております。また、事前予約をいただければ、仕事終わりの夜19時からも対応しております。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、平日9時ー18時のみ対応となる、一般的な事務所とは異なり、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。また、不動産に関する資料や実際に土地をみてもらって相談にのって欲しいという方、各拠点から30分~1時間くらい場所でしたら出張相談も対応いたします。

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

 

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
    • プロに聞く 円満相続 賢く節税
    • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
    • 累計2万6,000部突破
    • テレビCM放映中
    • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介