相続税申告の流れ―川崎南税務署にて相続税申告をする方へ―

相続により相続財産を一定額以上取得した人は、相続税申告を行うことになります。
相続税は申告納税制度を採用しているため、税金を納めるべきかの判断も含め、納税額の計算や相続税申告を相続人や受遺者自らがしなければなりません。

しかしながら多くの方にとって相続税申告は経験のないことでしょう。何から始めてよいのか頭を抱えてしまう人も少なくありません。
「まずは税務署に方法を聞こう」と考えるかもしれませんが、税務署はあくまで申告先であり、具体的なことを教えてくれる場所ではありません。「一体いくら税金を払えばよいのか」や「税額をおさえるにはどうすればよいのか」など申告する人が知りたいことを教えてくれるわけではないのです。
川崎南税務署にて申告予定の皆様に、こちらのページにて相続税申告の流れの概要をお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてみてください。


相続税申告の流れ

相続税申告は下記の➀~⑤の順番に手続きを進めます。

➀相続人を確定する

②相続財産の調査と評価をする

③相続人全員で遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成する

④相続税額の計算、相続税の申告書を作成する

⑤申告書を提出し、相続税を納付する


まず初めに、相続人を確定することからはじめます。亡くなった人の出生から死亡までの戸籍一式および相続人の現在戸籍を取り寄せ、相続人が誰にあたるのかを確認しましょう。相続人がわかったら、相続関係説明図を作成し、ひとめで相続人の関係がわかるようにまとめておきます。

続いて必要なのが、相続財産の調査です。遺産の全体像を把握しないと相続税申告はできません。法務局や金融機関から相続財産の根拠資料をとりよせ、相続財産目録にまとめておきましょう。なお、相続税申告における財産の評価方法にはルールがあるため、そのルールに沿って評価額を算出する必要があります。

上記➀、②が完了したら、相続人全員で遺産分割協議を行います。遺産分割協議にて遺産をどのように、誰がもらい受けるのかを決定しましょう。話し合いが合意したら、内容を遺産分割協議書に書きおこし、全員が署名・押印をします。

遺産分割協議書の作成後、遺産の分割内容に基づき、各々が納めるべき相続税額を計算します。計算結果をもとに相続税申告書を作成、いままで収集した添付資料とまとめておきましょう。

最後に所定の税務署にて申告と納税を行い、相続税申告は完了です。


相続税申告には「相続の開始を知った日の翌日から10か月以内」という期限があり、期限内に手続きをすませないとペナルティとしての税金を課される可能性があります。また申告書の提出先は「被相続人の最後の住所地を管轄する税務署」と指定があるため、注意が必要です。
なお、川崎南税務署を申告先とする方は、亡くなった方が川崎市の川崎区、幸区にお住まいである相続人や受遺者の方です。


川崎南税務署

住所:〒210-8531 川崎市川崎区榎町3番18号
電話:0570-00-5901


残念なことに税務署に相談に伺っても、個々の事情にあわせた相談を行ってくれるわけではありません。
当サイトを運営するランドマーク税理士法人では、川崎南税務署にて申告を予定している皆様に向け、専門家による初回無料相談を行っております。川崎南税務署での申告を控えている皆様、当サイトまでまずは無料相談からお問い合わせください。川崎南税務署が管轄する川崎市の川崎区、幸区の事情に精通した専門家が、ご対応させていただきます。


相続税申告はランドマーク税理士法人に

当サイトの運営者であるランドマーク税理士法人は、横浜・川崎などの神奈川県を中心に累計8,000件の申告実績を誇る、国内でも有数の税理士法人です。長年皆様にご支持いただいているのにはワケがあります。

不動産評価はお任せください

相続税申告の中で最も難易度の高いのが、相続した不動産を正しく評価することです。不動産の評価次第で、納めるべき税金の額も大きく変わります。ランドマーク税理士法人の専門家は、蓄積した経験やノウハウを生かし30以上の視点から、最も適した評価額を算出することができます。

士業が連携しワンストップ対応

相続税申告以外にもワンストップで対応できるよう、国内有数の司法書士・弁護士・不動産鑑定士などのパートナー専門家と連携してご依頼を進めてまいります。

税務調査が入るのは1%未満

担当者×専門税理士×国税OBで、徹底したチェックを行うため、税務調査は1%未満と驚異の実績を誇ります。

情報管理による10年間の品質保証

ランドマーク税理士法人では、お客様の情報を10年間保管しており、相続税申告後に新たな財産が見つかったなどトラブルが起こった際や、2次相続時もすぐに対応できる体制を整えています。


川崎南税務署管轄の川崎市の川崎区、幸区相続税申告にて実績豊富なランドマーク税理士法人が、皆様のご要望にあわせ、親身に対応させていただきます。
まずは初回無料相談からお気軽にお問い合わせください。


川崎南税務署管轄の川崎区、幸区の皆様におすすめの事務所

●武蔵小杉駅前事務所
住所:〒211-0063
   神奈川県川崎市中原区小杉町1丁目403番地35 武蔵小杉タワープレイス14階
電話:044-281-3003
最寄り:[武蔵小杉駅](JR・東急線)北口徒歩1分

東京・神奈川・埼玉・千葉の14拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル

(平 日)9時00分~18時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

相続税申告が必要か分からない方でも無料相談!

相続税申告相談プラザでは、 相続税がかかるのか分からない場合でも初回の無料相談から 対応させていただきます。

  • 不動産の評価、金融資産の評価が分からない。
  • 相続税がかからないと思うが、 ギリギリなので確認しておきたい。
  • 相続税の知識がなく、 相談していいかも迷っている。

相談する前に知っておきたい、相続税申告相談プラザ5つの強み

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~18時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全14拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に2拠点、千葉に1拠点の全14拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

4:徹底した相続税申告相談プラザ品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

ランドマーク税理士法人 テレビCM

運営法人のランドマーク税理士法人のテーマソングと、突然現れる税理士に釘付け!!一度見たらクセになる!?是非ご覧ください。

【畑篇 30秒】

【住宅街篇 30秒】

東京・神奈川・埼玉・千葉の14拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル

(平 日)9時00分~18時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

相続税申告が必要か分からない方でも無料相談!

相続税申告相談プラザでは、 相続税がかかるのか分からない場合でも初回の無料相談から 対応させていただきます。

  • 不動産の評価、金融資産の評価が分からない。
  • 相続税がかからないと思うが、 ギリギリなので確認しておきたい。
  • 相続税の知識がなく、 相談していいかも迷っている。