JA共済Hot Infomation

2012.8月号

【 2012.8月号 】

税制が後押しする生前贈与による節税

相続税が増税になる方向で改正が議論されていると聞きました。今からできる税金対策は何かありませんか。

相続税の節税手段として最も一般的なものは子や孫への生前贈与です。贈与税に関しては将来的には緩和が検討され、若年層への財産移転が後押しされつつあります。

<解説>

 相続税・贈与税の改正については、「社会保障・税一体改革」に盛り込まれながらも、消費税関連法案などからは切り離され、来年度の税制改正まで結論が先送りされました。
 現在検討されているのは、相続税に関しては、基礎控除額の引き下げなどによって課税ベースが拡大され、実質的に増税となるというものです。その一方で、贈与税に関しては「20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた場合」に使用する税率構造が新設され、全体的に5~10%の減税となる方向性が打ち出されています。つまり、今後は生前贈与による節税策がこれまで以上に重要な役割を果たすことになりそうです。
 生前に財産を贈与することで相続時の課税価格を減少させることができ、相続人が納税資金を確保することができるのですが、この贈与の方法は大きく2つに分けられます。
 一つは、毎年110万円の基礎控除を受けることのできる「暦年贈与」。そして、もう一つは一定の要件のもとに特別控除額2,500万円以内であれば贈与税を負担しなくてもよい「相続時精算課税制度」です。以下、それぞれについて解説していきます。

1.「暦年贈与」

※『社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案』より作成
■20歳以上の者が直系尊属より生前贈与を受けた場合

20歳以上の者が直系尊属より生前贈与を受けた場合

「暦年贈与」とは、贈与税の基礎控除額110万円を超える金額の贈与を受けた場合に、超過累進税率により課税される制度です。110万円の基礎控除額の範囲内であれば毎年無税で贈与をすることができます。
 このように毎年少しずつ財産を親から子へ移していけば、贈与税を払う必要なく、その後に発生する相続税の負担を軽くすることができるのです。
 ただし、毎年のように贈与を行うと「連年贈与」とみなされ、課税されてしまう場合があります。例えば、毎年子供に100万円ずつ20年間にわたって贈与していた場合、これは贈与開始の年に総額2,000万円の「有期定期金に関する権利」を贈与されたものとみなされてしまう恐れがあるのです。
 そのため、年ごとに贈与契約書を作成したり、金額や振込の時期をずらしたりするなどして税務署から「定期的に贈与を受けているな」という印象を持たせない工夫が必要です。

2.「相続時精算課税制度」

「相続時精算課税制度」とは、生前に贈与を受けた財産の価額の内、2,500万円までを非課税とし、この贈与財産の価額を相続時に受けた財産の価額と合計して相続税額を算出するという制度です。贈与の回数・金額・種類は問わないのですが、非課税枠である2,500万円は「一人の贈与者が」贈与した財産の価額を累積した金額を指しています。
 2,500万円の非課税枠を超えた場合には一律で20%の贈与税が課されるのですが、この納めた贈与税額は、後の相続税額から控除することができます。もし、贈与税額を控除しきれない場合には、その分は還付されます。
 この制度を活用するか否かは、受贈者が贈与者ごとに選択できるものですが、一度選択すると相続時まで継続して適用しなければならないため、途中で暦年贈与に戻ることはできません。
 相続時精算課税を適用した財産は、相続時に「贈与時」の価額で相続財産に加算されます。この特徴を利用すれば、今後の土地区画整理事業や都市開発事業で確実に値上がりの期待ができる土地については、この制度を適用した方が有利な場合もあります。ただし、贈与時と比べてその財産価額が下がってしまった場合には損をしてしまう可能性もあるということです。
 結局、後に相続税を支払う人にとってはメリットの少ない制度と考えていいでしょう。

<適用対象者>
この制度の適用対象者は次の通りです。(年齢は贈与の年の1月1日現在)
・財産を贈与した人(贈与者)は65歳以上
(改正により「60歳以上」に変更を検討中。)
・財産の贈与を受けた人(受贈者)は20歳以上の子である推定相続人
(改正により20歳以上の孫も対象に追加を検討中。)

<相続時精算課税を選択した場合の具体例>
(1)平成24年5月5日に1,000万円を贈与
     ⇒1,000万円≦2,500万円のため、贈与税はかからない。
(2)平成25年7月20日に2,000万円を贈与
     ⇒2,000万円>1,500万円(=2,500万円-1,000万円)のため贈与税がかかる。
     ⇒(2,000万円-1,500万円)×20%=100万円の贈与税を納める。
(3)平成25年1月1日に相続発生
     ⇒100万円を相続税額から控除。相続税額が100万円未満であれば還付。

以上のような特徴から、相続税節税の手段としては、相続財産を減少させることができる暦年贈与を地道に進めていくことが最も有効です。生前贈与は、目的によって使い分けが必要となるので、事前に専門家に相談して検討するようにして下さい。

 

関連リンク

>> ご相談プランのご案内へ

>> JA共済 Hot Infomation一覧へ

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介