グリーンライフ知って得する税金の知識バックナンバー

相続で引き継いだ事業用財産の取り扱い

※2012年9月時点の税制をもとに改訂しています。

相続で引き継いだ事業用減価償却資産と相続の際に支払った登録免許税等の取り扱いについて

このたび父が亡くなり、相続人である私が生前父が行っていた事業を引き継ぐことになりました。それにともない事業の用に供されている減価償却資産を引き継いだのですが、所得計算上、この資産をどのように取り扱えばよいのか教えてください。また、相続の際に支払った登録免許税等は事業所得の計算上必要経費に算入することが出来るのでしょうか。

相続によって減価償却資産を取得した場合、事業所得金額の計算上、相続人は被相続人の取得時期、取得価額を引き継ぎます。また、相続の際に支払った登録免許税については、05年1月1日以降に取得した資産について支払ったものに関しては、その資産の取得価額に算入されるものを除き、必要経費に算入することが可能となりました。
今回は相続で引き継いだ事業用財産の取り扱いについて解説を行っていきます。

1. 相続・贈与等で引き継いだ事業用財産の取得価額

相続(限定承認の場合をのぞく。)贈与等によって被相続人が生前事業の用に供していた減価償却資産を取得した相続人がその事業を引き継いで行っていく場合、事業所得金額の計算上、相続人は被相続人の取得時期、取得価額を引き継ぎます。
つまり、もともと被相続人が取得した資産を、相続により取得した相続人が引き続き所有しているものとみなし、被相続人の相続時における帳簿残高(被相続人の資産の取得価額から、被相続人が亡くなるまで、毎年計上してきた減価償却累計額を差引いた未償却残高)が、そのまま引き継がれることとなります。

2. 相続で引き継いだ事業用財産の減価償却方法

相続によって事業用財産を引き継いだ場合でも、その償却費を計算するための償却方法は引き継がれません。そのため、所轄の税務署長に対し、新たに減価償却方法の届出書を提出する必要があります。
届出をしなかった場合には、通常の資産については定額法で減価償却費を計算することになります。ですから誤った申告の事例として、相続によって取得した減価償却資産について、上記の届出を行わずに被相続人が採用していた定率法によってその減価償却費を計算してしまったということがあげられ、注意が必要といえます。
また、建物の減価償却方法に関しても、1998年(平成10年)4月1日以降の相続によって建物を取得した場合、定額法によって減価償却費を計算することが義務づけられており、たとえ被相続人が生前定率法を選択していたとしても、その償却方法は引き継がれない点にも留意する必要があります。

3. 相続の際に支払った登録免許税等の取扱いについて

これまでは、相続税により不動産賃貸業を親から引き継ぎ、アパート等に関して所有権移転登記にかかる登録免許税を支払ったとしても、その支出は家事上の経費として取り扱われ、所得税法上、不動産所得の必要経費に算入することはできませんでした。しかし、このほど所得税基本通達の一部改正を受け、05年1月1日以降に取得した資産に関しては、その資産の取得価額に算入されるものを除き、必要経費に算入する事が可能となりました。通達の改正によって相続税で取得した業務用資産に係る登録免許税等については(1)特許権・鉱業権のように、登録により権利が発生する資産に係るものは、取得価額に算入し、
(2)船舶・航空機・自動車のように業務の用に供するについて登録を要する資産に係るものは、取得価額に算入しないことができます。

(1)、(2)以外の資産に係るものについては取得価額には算入せず、当該業務に係る各種所得金額の計算上必要経費に算入することができます。
したがって、農地を相続して登録免許税を支払った場合には、その期間の租税公課として農業所得の経費とすることができ、アパート等を相続するために登録免許税を支払った場合には、その期間の租税公課として不動産所得の経費とすることができます。相続時に支払った登録免許税等はこれまで家事費して扱われていましたが、今回からは事業所得の計算上必要経費に算入することができるようになり、事業者にとって非常に有利な改正であるといえるでしょう。

  また05年6月に新設された所得税の基本通達60-2により、譲渡所得等の計算について、相続等の際に相続人等が当該資産を取得するために通常必要と認められる費用を支出しているときには、当該費用のうち当該資産に対応する金額については、先に述べたように、その資産の取得価額に算入されるもの、また、各種所得の計算上、必要経費に算入された登録免許税等を除き、当該資産の取得費に算入できる旨が明記されました。

  ですから相続によって取得した資産を譲渡し、その譲渡所得を計算する際、その資産について相続時に名義変更料を支払っている場合には、これを資産の取得費に含めることができます。ただし、取得費が不明な場合などで概算取得費(譲渡所得の5%)により計算するケースにおいては該当しませんので注意が必要です。

また、今回解説してきた事例に該当する方については、一度専門家に相談されることをおすすめします。

 

関連リンク

>> ご相談プランのご案内へ

>> 知って得する税金の知識一覧へ

 

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 「畑でMarry Me!」毎週土曜日 15時25分~ 放送(フジテレビ)
    • 日経CNBC「プロに聞く 円満相続・賢く節税」の特別編
    • プロに聞く 円満相続 賢く節税
    • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
    • 累計2万6,000部突破
    • テレビCM放映中
    • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定