武蔵小杉の相続税申告について

【関連情報】武蔵小杉の相続税申告ならお任せください

武蔵小杉の最寄りは、
横浜駅前事務所川崎駅前事務所登戸駅前事務所

相続税申告とは?

武蔵小杉の皆さまへ、相続税申告についてをわかりやすくご紹介していきます。まずは相続税申告についての基本的な内容をご説明していきますので丁寧に確認していきましょう。
まず、相続税について確認していきましょう。相続税は、亡くなった方が所有していた財産を、相続や遺言書による遺贈等によって取得した人に課せられる税金になります。相続をしたら必ず納税する必要があるというわけではなく、相続税における基礎控除額を超えた場合に申告・納税をすることになります。
ですから、相続した財産の課税価格合計額が基礎控除の範囲内であれば、相続税の申告も納税もする必要はありません。注意点として、小規模宅地等の特例を適用したことにより課税価格の合計が基礎控除額以下となっている場合は相続税申告を税務署へとする必要がありますので注意しましょう。

基礎控除額

基礎控除額は下記の式により算出されます。
基礎控除額計算式
上記の式にある「法定相続人の数」とは、相続放棄をした相続人がいたとしても、計算の際には放棄はないとした場合の相続人の人数になります。
また、被相続人に養子がいた場合にはこの「法定相続人の数」に含むことができる養子の人数には下記のとおり制限が設けられていますので注意しましょう
1)被相続人に実子がいる場合  1人
2)被相続人に実子がいない場合 2人
例:相続人の実子は1人、養子が2人の場合
基礎控除額=3,000万+(600万×2人)=4,200

民法上での法定相続人は3人になりますが、相続税法上では法定相続人は2人となりますので上記のとおり相続人の数は2人で計算をします。

相続税の申告書類の提出期限と提出先

申告書の提出期限(申告期限)は、相続が発生した事を知った日(通常、被相続人の死亡日)の翌日より10ヶ月目の日となります。納税先は税務署へと行いますが、税務署には管轄がありますので事前に申告先がどの税務署になるのかを確認しておきましょう。管轄先は、被相続人の最後の住所地で確認します。武蔵小杉に住所があった場合は、川崎北税務署になります。
【川崎北税務署】管轄:中原区(武蔵小杉)、高津区、宮前区

申告期限を過ぎてしまった場合

何らかの理由により申告期限に申告が間にあわなかった場合には延滞税や無申告加算税等の税金が追加で課税されます。
通常の相続税額にプラスされることになりますので、武蔵小杉の皆さまも相続税の申告期限内に全て行うようにしましょう。

財産調査とその評価

相続税の申告対象の財産の評価にはルールがあり、そのルールに従い財産の価値を算出する事になります。課税対象となる財産について漏れのないように確認し、計算をしていきます。もしも課税対象の財産が申告の際に漏れており、実際の財産額よりも少ないまま申告をすると追徴課税を課される事になりますので、武蔵小杉の皆さまも十分に気をつけましょう。

不動産評価

不動産の評価は相続財産を評価する中でポイントとなる評価です。まず、土地の評価には国税庁の定める土地の価格「路線価」より評価額の計算をします。建物については固定資産税評価額が評価額となります。
土地の評価方法はその土地ごとに様々あり、その土地の近隣の環境や地目、方位、使用形態などにより評価方法が変わってきますので、土地の評価には多くの知識と経験値が必要となります。武蔵小杉は人気の地域でありますから不動産を多く所有されている方も多くいらっしゃいます。人気の土地であれば、土地の価格も高額になりますのでその分相続税申告が必要である可能性が高くなります

不動産の評価はその計算方法や要件も非常に複雑であり、税理士であっても相続税を専門としていなければ、簡単には対応できる分野ではありません。特に近年人気の高い武蔵小杉エリアで不動産を所有していると、相続税申告を行う対象となる人が多いのではないでしょうか。土地の評価額を適正に計算できないと、実際に支払うべき納税額より多い金額を納めてしまう可能性もでてきます。そのため相続税申告を行う際は必ず実績件数の多い税理士事務所へと依頼することをご検討ください。当プラザでは武蔵小杉からお越しの方のご依頼も多数お受けしております。

また不動産以外に注意していただきたい財産が「名義預金」です。
名義預金は被相続人が被相続人自身のお金を配偶者や子供名義の口座で管理していたものをいいます。通帳等の名義は被相続人ではないものの、明らかに預けていたお金は被相続人のものです。したがって、そのお金は相続税の対象となる遺産となるので、申告漏れがないように気を付けましょう。
武蔵小杉にお住いの皆様で、相続手続き時にそのような通帳等を発見した方は必ず税理士ををお尋ねください。税務署は被相続人の通帳の取引履歴を確認することもできるため、そのことを税務署より指摘を受けてしまうとペナルティとして多く税金を支払うことになりかねません。相続税申告はきちんと準備し、正しく行うことが大切です。

このように知識を必要とする相続税の財産評価は、相続開始時より税理士に確認することおすすめいたします。武蔵小杉にお住いの方には、横浜駅前事務所他で開催しております無料相談をご活用ください。税理士がそれぞれのご家庭のお悩みに対して親身にご対応させていただきます。当プラザは武蔵小杉のある川崎市や隣接する横浜市で多くの実績を上げている税理士法人が運営しておりますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

納税額は税理士次第で大きく変わる

税理士によって納税金額が異なるのは何故か?

武蔵小杉にお住いの方によっては、仕事などで税理士の知り合いがいるからその人にお願いすればよいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。しかしながら、その方が税務分野の何のエキスパートかご存じでしょうか?特に仕事関係で知り合いになったとなると一般企業を法人税をメイン業務としている可能性も高いかと思われます。
実は相続税の納税額は計算する税理士によって異なる場合があるのです。というのも相続税は申告納税制度というのを適用しており、申告する側が相続税の納税額を算出する必要があります。相続税の納税額を計算するにあたっては様々な特例や控除を使うことができるですが、それをうまく適用できるかどうかは税理士の能力次第です。相続税申告は日々専門として行っているかどうかにより知識量や経験値が大きく異なります。仮に適正より多い額を納税したとしても税務署の方から指摘し返してくれるわけでなく、反対に少ない場合には追徴課税を課せられてしまうため初めから相続税分野を専門とする税理士に依頼することがとても重要なのです。

武蔵小杉にも税理士の先生がいらっしゃるかと思いますが、お悩みの場合にはぜひ当プラザの無料相談を一度ご活用ください。当プラザは首都圏を中心に複数拠点を持ち、税理士法人トップクラスの申告件数や実績をもつランドマーク税理士法人が運営しております。武蔵小杉の皆様の不安やお悩みに寄り添えるよう、顧客満足を徹底した専門家がご対応いたします。

武蔵小杉の相続税申告は当プラザにお任せ下さい

当プラザでは武蔵小杉のある川崎市や横浜市を中心に、地域密着でご依頼をお受けさせていただいております。武蔵小杉にお住まいのかたも多く当プラザにお越しいただいております。武蔵小杉からは町田駅、川崎駅、登戸駅にございます事務所がおすすめです。まずはお電話にてお問い合わせください。相続税申告のプロフェッショナルが個別にご対応いたします。

武蔵小杉からの最寄り事務所

横浜駅前事務所 / JR、私鉄 横浜駅西口 徒歩3分
川崎駅前事務所 / JR・小田急登戸駅徒歩5分
登戸駅前事務所 / JR・横浜市営地下鉄中山駅徒歩12分
武蔵小杉の皆様のお役に立てるよう、税理士が親身に取り組ませていただきます。まずは上記の事務所にて開催しております無料相談をご利用ください。武蔵小杉にお住いの方からも沢山のご依頼をいただいております。もちろん被相続人が武蔵小杉以外のエリアの方や、相続財産が武蔵小杉以外にある場合もご案内いたしますので、まずはお問い合わせください。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

ご存知ですか?書面添付制度

書面添付制度

当法人では、申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

税務調査1%以下

さらに、書面添付制度を用いる事で、税務調査に移行する前に、財産が出てきた場合には、加算申告加算税がカットされるため、追徴課税が10%相当が免除されるというメリットがあります。

このお客様にとって非常にメリットのある制度は、税理士の責任も大きくなるため、95%以上の税理士が使用しないとも言われております。税理士を費用面だけで選んで、たとえ報酬が50万円安くても、後から300万円の追加で税金を請求されては意味がありません。

信頼の実績ある税理士を選びましょう!まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

相談する前に知っておきたい、ランドマーク税理士法人5つの強み

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全13拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に8拠点、埼玉に1拠点の全13拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。
私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 新CM制作しました!由美かおるさん出演!
    • 日経CNBC「プロに聞く 円満相続・賢く節税」の特別編
    • プロに聞く 円満相続 賢く節税
    • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
    • 累計2万6,000部突破
    • テレビCM放映中
    • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定