船橋で相続税申告をお考えの際は当プラザまで

【関連情報】
船橋ならびに船橋周辺の皆様の最寄り事務所

東京丸の内事務所
JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」丸の内南口より徒歩3分
都営三田線「大手町駅」D1出口より徒歩4分

相続税申告の基礎知識について

船橋ならびに船橋周辺の皆様、相続税申告についてご説明する前に、相続税とはどのような場合に課税対象となる税金であるかご存知でしょうか。
相続税は相続や遺贈によって被相続人から財産を受け取った場合に課せられることになりますが、対象となるのは何もすべての方というわけではありません。相続や遺贈によって受け取った財産の正味の遺産額が基礎控除額を上回っていた場合、超過した部分に課せられるのが相続税です。
つまり、船橋ならびに船橋周辺の皆様が遺産相続をしても、基礎控除額を上回っていなければ相続税申告・納税は不要になるということです。

もちろん、基礎控除額を上回っている場合には相続税申告・納税が必要であり、定められた期限までに手続きを完了しなければなりません。しかしながら基礎控除額を上回っていたとしても、相続税額が0円になるケースも存在します。船橋ならびに船橋周辺の皆様、それはどのようなケースかといいますと、相続税申告に設けられている控除や特例を適用した場合です。

相続税申告に設けられている控除や特例で広く知られているものとしては、配偶者控除や小規模宅地等の特例などが挙げられます。これらを適用すれば相続税額を大幅に軽減することができますが、0円になったとしても相続税申告が必要です。相続税申告をしないと控除や特例を適用することはできませんので、船橋ならびに船橋周辺の皆様、相続税申告において控除や特例を適用する際は必ず相続税申告をするように注意しましょう。

船橋ならびに船橋周辺の皆様、相続税申告に設けられている控除や特例を適用できるかどうかの判断は、専門的な知識がないと困難かと思われます。適用をお考えの船橋ならびに船橋周辺の皆様は、相続税申告に関する豊富な知識と経験を持つ税理士が在籍する当プラザまで、まずはお気軽にご相談ください。

船橋ならびに船橋周辺の皆様のお悩みやお困り事を解決できるよう、相続税申告に精通した専門家が親身になってご対応いたします。初回相談は完全無料ですので、どんなに些細なことでもお気軽にご相談ください。

相続税申告における基礎控除額

船橋ならびに船橋周辺の皆様、くり返しになりますが、相続税申告・納税が必要になるのは正味の遺産額が基礎控除額を上回っている場合です。基礎控除額は相続税申告・納税が必要かどうか判断するための材料であり、下記の計算式を用いることで算出することができます。

相続税申告における基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

船橋ならびに船橋周辺の皆様、上記の計算式を見てもわかるように、基礎控除額を増やすカギは法定相続人の数になります。今回の相続において相続放棄をした方や被相続人の養子も法定相続人の数に含めることができますが、被相続人の養子には人数の制限が設けられているため注意が必要です。
被相続人に実子がいる場合には養子1名、実子がいない場合には養子2名までが含められる人数となっていますので、船橋ならびに船橋周辺の皆様は法定相続人を数える際は間違えないように心がけましょう。

相続税申告の期限について

船橋ならびに船橋周辺の皆様、基礎控除額の算出により相続税の課税対象となることが判明した場合は、必ず相続税申告・納税を行わなければなりません。相続税申告には期限の定めがあり、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内に行う必要があります。

この期限までに戸籍の収集や遺産分割協議など、多岐にわたる手続きを進めることになるため、はじめは長く思えた10か月という期間も最後には短いと感じることでしょう。相続税申告・納税を期限内にきちんと終えられるよう、船橋ならびに船橋周辺の皆様は相続の開始とともに相続手続きに着手することをおすすめいたします。

船橋・船橋周辺の相続税申告先

船橋ならびに船橋周辺の皆様、相続税では「申告納税制度」を導入しているため、納税額については納税者自身で計算し、申告・納税を行う必要があります。
相続税申告は税務署で行うことになりますが、どの税務署でも良いというわけではなく、被相続人の最後の住所地を管轄区域とする税務署が申告先となります。たとえば被相続人が亡くなった時点の住民票の住所が船橋市だった場合は、船橋市を管轄区域とする船橋税務署で行います。

まれに納税者自身の現在の住所地と勘違いされる方もいらっしゃいますので、船橋ならびに船橋周辺の皆様は正しい申告先で相続税申告・納税を行うよう気をつけましょう。

なお、相続税の納税に関しては金融機関の窓口や郵便局の窓口でも対応可能ですので、船橋ならびに船橋周辺の皆様のご都合に合わせて選択すると良いでしょう。

相続税の申告期限は厳守しましょう

船橋ならびに船橋周辺の皆様、上記でご説明した相続税の申告期限に間に合わなかった場合にはどうなるかご存知でしょうか。
申告期限に間に合わなかった場合にはペナルティとして、相続税とは別の税金(延滞税や加算税等)が課されることになります。また、配偶者控除や小規模宅地等の特例なども適用できなくなるため、相続税の課税対象である船橋ならびに船橋周辺の皆様の金銭的な負担は大きなものとなってしまいます。
このようなリスクは期限内に相続税申告・納税をすれば回避できますので、船橋ならびに船橋周辺の皆様、相続税申告の期限にはくれぐれも注意しましょう。

相続手続きを進めていくなかで「申告期限に間に合わないかも…」と思った際に、期限の延長について検討される方も少なくありません。しかしながら相続税申告の期限は原則として延長することはできません。特別な事由がある場合には認められることもありますが、判断するのはあくまでも税務署です。必ずしも認められるとは限りませんので、申告期限までに間に合いそうにない船橋ならびに船橋周辺の皆様は、相続税申告を数多くサポートしてきた実績を誇る当プラザの初回無料相談をご活用ください。

当プラザの専門家が現在のご状況等を詳しくお伺いし、解決案をご提示させていただくことで相続税の申告期限までに完了できる可能性もあります。お早目の相談が重要となりますので、船橋ならびに船橋周辺の皆様からのお問い合わせをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

依頼する税理士によって相続税の納税額は変わる

船橋ならびに船橋周辺の皆様、相続税申告を税理士に依頼する場合には注意が必要です。
なぜかといいますと、どの税理士に相続税申告を依頼するかによって、最終的な納税額は大きく変わってくるからです。もしも船橋ならびに船橋周辺の皆様が「どの税理士に依頼しても同じでしょう?」と思っているようであれば、考えを改める必要があるといえるでしょう。

税理士にも得意とする分野があり、その多くが法人税や所得税をメイン業務としています。そのような税理士に相続税申告を依頼した場合、手続き自体を行うことはできますが、控除や特例などを上手に活用し、納税額を大幅に抑えることは難しいでしょう。

相続税の負担は可能な限り減らしたいというのが納税者の本音だと思いますので、船橋ならびに船橋周辺の皆様が相続税申告を依頼する際は、相続税申告を得意とする税理士を選ぶことをおすすめいたします。

船橋の皆様の相続税申告は東京丸の内事務所まで

相続税申告について相談・依頼できる税理士事務所をお探しの船橋ならびに船橋周辺の皆様は、相続税申告に精通した税理士が在籍する当プラザにお任せください。

船橋ならびに船橋周辺の皆様の最寄り事務所となる東京丸の内事務所は、交通の便に優れた「東京駅」から徒歩3分という好立地な場所にあります。地下口から直結しているので雨の日も濡れずにご来所いただけます。

まずは東京丸の内事務所が実施しております初回無料相談をご利用いただき、相続税申告に関する現在のお悩みやお困り事について詳しくお聞かせください。そのうえで当事務所の専門家が最善となるサポートをご提案いたしますので、どんなに些細なことでもお気軽にご相談ください。

船橋ならびに船橋周辺の皆様の相続税申告に関するお悩みやお困り事を解消できるよう、スタッフ一同、親身になってご対応させていただきます。

船橋ならびに船橋周辺の皆様の最寄り事務所

東京丸の内事務所
JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」丸の内南口より徒歩3分
都営三田線「大手町駅」D1出口より徒歩4分

東京・神奈川・埼玉の13拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

ランドマーク税理士法人 テレビCM

ランドマークのテーマソングと、突然現れる税理士に釘付け!!一度見たらクセになる!?是非ご覧ください。

【畑篇 30秒】

【住宅街篇 30秒】

ご存知ですか?書面添付制度

書面添付制度

当法人では、申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

税務調査1%以下

さらに、書面添付制度を用いる事で、税務調査に移行する前に、財産が出てきた場合には、加算申告加算税がカットされるため、追徴課税が10%相当が免除されるというメリットがあります。

このお客様にとって非常にメリットのある制度は、税理士の責任も大きくなるため、95%以上の税理士が使用しないとも言われております。税理士を費用面だけで選んで、たとえ報酬が50万円安くても、後から300万円の追加で税金を請求されては意味がありません。

信頼の実績ある税理士を選びましょう!まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

相談する前に知っておきたい、ランドマーク税理士法人5つの強み

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~18時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全13拠点で、無料相談を行っております!

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。
私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『サンデーモーニング』テレビCM放送中
  • 相続専門の税理士 、父の相続を担当する
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • コンプライアンスへの取り組み