相続税申告の専門家をお探しの三鷹の皆様

相続税申告とはどんなもの?

三鷹の皆様、身近な方が亡くなられた悲しみの中、相続手続きを行わなければならないのは辛いものです。ましてや相続税申告も行わなければならないとなると、その負担は計り知れません。三鷹の皆様が相続税申告についての知識がないとご不安になられるのは当然のことですし、そもそも相続手続きや相続税の申告は人生において何度も経験することではありません。当プラザではそんな三鷹の皆様のご不安を解消すべく、こちらのページで相続税とはどんなものなのか三鷹の皆様にご紹介させていただきます。

相続税という税金は聞いたことはあるけれども詳しくは分からないという三鷹の皆様も多いのではないでしょうか。相続税とは、亡くなられた方(被相続人といいます)が残した財産を、相続もしくは遺贈により取得した人に課せられる税金です。この相続税を納めるための手続き全般を相続税申告と言います。

相続税は全ての相続人に課せられる税金ではなく、下記においてご説明する基礎控除額以下であれば課税義務はありません。2015年の法改正までこの基礎控除額は、富裕層特有のものと考えられていましたが、課税対象となる相続が増えたことにより、多くの人が相続税の支払い対象となりました

相続税の基礎控除額とは

三鷹の皆様、まずはご自身の相続において相続税申告が必要かどうかを調べるため、相続税の基礎控除額を算出してみましょう。
相続税の基礎控除額の計算方法
基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

上記計算式に、三鷹の皆様のご状況を当てはめ計算し、相続財産の合計額がこの金額を超えている場合は相続税の申告を行います。
なお、法定相続人を数える場合、注意しなければならない点をご紹介します。
●相続放棄をした相続人がいた場合、その人も法定相続人の人数に含む
●被相続人に養子がいた場合、法定相続人に含むことができる養子の人数に注意する
●被相続人に実子がいた場合1人まで
●被相続人に実子がいない場合2人まで

税金といえば、三鷹の皆様には住民税や固定資産税の方がなじみ深いのではないでしょうか。これらの税金は市区町村から送付された納付書通りの額を納めれば良く、ややこしい手続きは必要ありません。しかしながら相続税は申告納税制度を採用しており、三鷹にお住いの納税対象者が自ら税金を計算し、指定された税務署にて申告納税を行わなければなりません。また、三鷹の皆様が相続税の課税対象となった場合、特例や控除等を適用したことで取得額が基礎控除額よりも下回れば、相続税申告と納税義務はありません。しかしながら、納税不要となった場合でも特例を使用したことにより納税が不要になった旨を申告する必要があります。決して相続税申告が不要という事ではありませんので、忘れずに相続税申告をしましょう。

相続税の申告は相続税申告に不慣れな方が行うことも可能ですが、先述したように、相続税には特例措置や控除など納税額を減らすことに繋がる様々なルールが設けられています。よく分からないからと適用せず計算した場合、結果として減税できず損をしてしまう可能性があります。つまり、相続税の申告は専門的な知識をもって行うことが望ましいといっても過言ではないということです。
なお、納税の義務を負いながらも自己判断で申告をしなかったり、面倒だからと放置して申告期限が過ぎてしまうと、税務署から指摘を受けることになります。ペナルティとして本来支払うべき税額に加え、延滞税や無申告加算税等が課せられる可能性がありますので、三鷹の皆様、相続税の課税対象となった場合は相続税申告期限内にきちんと納めるようにしましょう。

三鷹の皆様には相続税申告は専門的知識を要するとても難しい分野であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
三鷹地域にお住まい、または三鷹にお勤めの方で、ご自身において相続税申告手続きをされることに不安のある方や、今から将来の対策を検討されている三鷹の方は、ぜひ当プラザへご相談下さい。三鷹の地域事情に詳しく、相続税申告に強い経験豊富な税理士が、最後まで責任を持って対応させていただきます。

相続税申告の手続き先と申告期限について知っておこう

三鷹の皆様、相続税の申告には期限があることをお忘れならないようにしてください。“被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内”に相続税申告の書類を完成させ、被相続人の最後の住所地を管轄する税務署へ申告書を提出し、納付までを終わらせる必要があります。

三鷹の皆様には先ほどご説明させていただきましたが、相続税の申告は財産を取得した者自らが相続税を計算し申告します。その際、ただ財産の金額を計算すればいいというものではなく、相続財産ごとに定められた評価方法に従って財産の価値を算出しなければなりません。この工程は相続税の専門家でも難しい分野となりますが、三鷹にお住いの一般の方が行い、もしも記載漏れや計算ミスをした場合、本来の納税額よりも過少申告してしまう可能性が少なくありません。この場合、追徴課税が課されるリスクがあり、結果として無駄な出費がかさむことになります。

相続税申告に関するご不安がおありの三鷹の皆さまは、相続税の申告を得意とする当プラザの専門家にお気軽にご相談ください。

相続税の申告期限に間に合わない!!

三鷹の皆様、原則、相続税申告の期限延長は認められませんが、税務署に申請をし、特別な事由であることが認められると延長が可能となる場合もあります。しかしながら三鷹の皆様、この申し出が通ることは稀だと思った方が良いでしょう。

相続税の申告期限に間に合わないと控除や特例が適応出来なくなるだけでなく、本来払うべき税金の他にペナルティとして延滞税や無申告加算税等が課せられる可能性があると三鷹の皆様にはご説明致しました。延滞税に関する決まりとして、国税庁公式ホームページに「原則として法廷納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます」とあり、申告納税が遅くなればなるほど延滞税が加算されてしまうため、一日でも早く手続きを行う必要があります。

三鷹地域周辺にお住まいの方で相続税申告の期限についてお悩みの方、相続財産についてお困りの三鷹の方は、相続税申告に専門とする当センターの税理士へご相談下さい。

相続税における不動産評価は専門家でも難易度が高い

被相続人の現金、不動産や建物、動産、権利なども含めて経済的価値のあるものが相続財産となりますが、中でも相続財産に不動産が含まれる場合、不動産の評価額が最終的な納税額に大きく影響します。不動産は現金や預貯金と異なり、相続税の計算方法の知識がないと適正な評価額を算出できません。
不動産は土地、建物のそれぞれに評価方法が決まっており、国税庁の定める路線価に、対象となる土地の広さや形状、用途、周辺環境など様々な要素から土地の状態を判断し、使用状況などを加味して補正等を行って適正な評価額を算出します。

適正な評価が出来ず、本来の納税額よりも過少申告した場合には、過少申告課税等が課せられる恐れがありますので、相続税申告を行う予定の三鷹の皆様は、相続税申告の実績が多い税理士を選ぶことが非常に重要となります。

三鷹の皆様、相続税は担当する税理士によって最終的な納税額が変わることがあると覚えておきましょう。相続税申告に不慣れな税理士が計算した場合、本来ならば下げる事の出来た控除や特例を見落としてしまう恐れがあります。相続税申告を専門とし、三鷹の地域事情に詳しい多くの相続税申告実績をもつ税理士へ依頼をすることで、最終的な納税額を抑えることが出来ます。
当プラザは三鷹からアクセスのよい新宿に事務所がございます。国内でもトップクラスの相続税申告実績を持つ当プラザは相続税申告手続きに自信がございます。三鷹の皆様、まずはお気軽に無料相談をご利用下さい。
三鷹の皆様のお役に立てるよう、所員一同誠意をもって三鷹の皆様のお手伝いをさせていただきます。相続人が三鷹にお住いというだけでなく、被相続人が三鷹で生活をしていた、三鷹に相続財産である実家や駐車場がある等、相続税に関する様々な案件を担当しております。三鷹エリア以外の皆様もまずはお気軽にお問合せ下さい。

三鷹の皆様の相続税申告は当プラザへご依頼ください

三鷹の皆様には新宿駅前事務所が最寄りとなります。
当プラザでは三鷹の皆様に相続税申告のプロによる無料相談会の場をご用意させていただいております。三鷹エリアにて多くの経験と実績を積んできた当プラザの新宿駅前事務所は、三鷹周辺にお住いの方から多くのご支持を頂戴しております。
三鷹エリアの最寄り事務所
新宿駅前事務所/最寄り駅:新宿三丁目駅、新宿駅、新宿御苑駅

東京・神奈川・埼玉の13拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

ランドマーク税理士法人 テレビCM

ランドマークのテーマソングと、突然現れる税理士に釘付け!!一度見たらクセになる!?是非ご覧ください。

【畑篇 30秒】

【住宅街篇 30秒】

ご存知ですか?書面添付制度

書面添付制度

当法人では、申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

税務調査1%以下

さらに、書面添付制度を用いる事で、税務調査に移行する前に、財産が出てきた場合には、加算申告加算税がカットされるため、追徴課税が10%相当が免除されるというメリットがあります。

このお客様にとって非常にメリットのある制度は、税理士の責任も大きくなるため、95%以上の税理士が使用しないとも言われております。税理士を費用面だけで選んで、たとえ報酬が50万円安くても、後から300万円の追加で税金を請求されては意味がありません。

信頼の実績ある税理士を選びましょう!まずはお気軽に無料相談をご活用ください。

相談する前に知っておきたい、ランドマーク税理士法人5つの強み

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~18時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全13拠点で、無料相談を行っております!

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。
私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で、安心の完全無料相談
まずはフリーダイヤルで、お問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『サンデーモーニング』テレビCM放送中
  • 相続専門の税理士 、父の相続を担当する
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • コンプライアンスへの取り組み