相続税申告の申告期限 海老名

海老名の皆様、相続税申告に関するお困り事が発生した時には、ランドマーク税理士法人が運営する当プラザをご活用ください。神奈川県を中心に多数の事務所をかまえる当法人は、長年培ってきた相続税申告の経験や実績より海老名にお住いの方々のお手伝いも多く行ってまいりました。特に不動産を相続する場合、その地域の特性等を理解し、相続税額を算出するかにより相続税額が変わる可能性があります。海老名のエリアの不動産評価に関しても実績ある専門家も多数在籍しておりますので、安心してお任せください。

 

相続税の申告期限とは

相続税の申告期限は下記のように定められています。

♦被相続人が亡くなったことを知った日(通常の場合には死亡日)の翌日から10カ月以内

この10カ月という期間内に相続税の申告と納税を済まさなければいけません。相続税の申告をおこなうためには前提として、相続人が誰であるかを調査確定し、被相続人が所有していたすべての財産をまとめ、それをもとに遺産分割を完了する必要があります。それらを行う上で取り寄せた書類や遺産分割協議の結果をもとに、相続税額の計算や申告書類を作成することができます。

相続税申告を行う上で必要となる書類は多数あり、相続人の調査のために用意しなければならない戸籍だけでも被相続人の出生から死亡までや全相続人の戸籍謄本と複数あり、収集するだけでも手間と時間がかかります。特に被相続人の戸籍は被相続人が亡くなった地域で全てそろうことは稀であり、大抵の人が結婚や転居に合わせて本籍地を変えていることが多いため、一通一通遡りながら入手しなければなりません。また古い戸籍の場合、従前の戸籍がどの役所にあるのかを戸籍から読み取るのも非常に難しいです。戸籍に関して知識がある人が集めても、2カ月程度かかる可能性は十分にあります。特に平日はお仕事で役所に向かうことができない方は、早い段階で専門家に戸籍収集のサポートを依頼をすることをお勧めいたします。

大切な方が亡くなった後は、精神的にも身体的にも落ち込んでしまう方が多く、なかなか相続手続きにまで気が回らないかと思います。しかしながら期限は待ってくれないため、余裕をもって相続税申告を行うためにも早めに取り組むことが大切です。当プラザでは海老名の皆様にとって安心してご相談できる環境を整えております。相続税の申告期限まで全力でサポートいたしますので海老名の皆様、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

相続税の申告先は海老名の管轄税務署へ

相続税の申告先は税務署ですが、どこの税務署でも良いわけではありません。被相続人の住所地を管轄する税務署が申告先となりますので注意しましょう。被相続人が海老名にお住まいであった場合、大和税務署になります。相続人が海老名に住んでいたとしても、被相続人が地方在住の方だったとしたら管轄が異なるので大和税務署ではないので気を付けてください。

よくご質問いただくのが、被相続人最後の住所地の判断がつかないというご相談です。ご高齢になると自宅を離れ、老人ホームや施設で最期を迎えられる方もいらっしゃいます。ご相談された方のお父様もご自宅は海老名にありましたが、海老名から離れた別の市の施設へ転居されていらっしゃったそうです。この方の場合、施設入居時に海老名から施設のある市へ住所地を変更され、自宅へ戻ることがほとんどなかったとのことです。この場合には海老名ではなく施設のある市を管轄する税務署へ申告が必要となります。

 

申告期限の延長について

相続税の申告期限に間に合わなそうだから、期限を延ばすことができないのかというご質問をいただくことがあります。上記の通り相続税の申告期限は被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内です。原則としてこの期限を守らなければいけないのですが、特別な事情があり税務署が認めた場合に関しては最大2か月間の延長が可能となっています。ただしかなり特殊なケースであり、よほどの事情がないと認められないと考えた方が良いでしょう。よくあるのが、相続人間でもめてしまっている結果、申告期限内に遺産分割協議が整わないという相談ですが、これは特別な事情には当てはまるとは言えないので気を付けてください。申告期限の延長が認められる特別な事情等は下記のような場合になります。あくまで税務署への申請していることが必要です。

  • 認知や相続人の廃除等の理由により相続人の異動があった
  • 相続税申告時には胎児であった子が出生した(みなし相続人として計算されていたケースにおいて)
  • 遺贈にかかる遺言書や遺贈の放棄があった
  • 相続放棄があったことや、死亡退職金等の支給が確定した等
  • 災害等が発生した時
  1. 上記の理由によって申告期限の延長が認められたとしても、その2か月間の間に計算を執り行い申告と納税を速やかに済ませなければいけません。申告期限の延長はまず事情があてはまり認められるかどうかが重要なため、海老名の皆様まずは専門家である税理士にご相談ください。海老名にお住いの場合、町田のございます当プラザが最寄りになります。申告期限でお困りの際にはまず無料相談にてご状況をお話しください。

 

海老名の皆様をパートナーと連携してお手伝いします

私共相続税申告相談プラザは、全国トップクラスの相続税申告の実績を誇るランドマーク税理士法人が運営しております。相続税申告に関係する相続手続きについても、司法書士、行政書士、弁護士などの専門家と連携し、ワンストップで対応できる体制を整えております。例えば、相続税申告をしなければいけないが相続人内に行方不明者や未成年者、認知所の人がいる、財産を隠している相続人のせいで、相続財産の全容が分からずに困っているなど、様々なお困りごとに対し海老名の皆様のお役に立てるよう努めさせていただきます。些細なことだけど相談してよいのかしらと悩んでいる海老名の方がいらっしゃいましたら、まずは無料相談をご活用ください。海老名の皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

 

海老名の相続税申告はお任せください!

ランドマーク税理士法人が運営する相続税申告相談プラザは、首都圏を中心に様々なお客様にご来訪頂いております。海老名の皆様にとっては町田駅のターミナル口から徒歩1分の距離にございます、当プラザが最寄りとなります。海老名駅から小田急線で町田駅までは15分ほどと非常にアクセスのよい環境にございますので、お仕事帰りやお買い物のついでにお立ち寄りいただくことも可能です。まずは無料相談にて海老名のお客様のご事情をお伺いさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

海老名特有のお困り事解決にも自信あります

当プラザを運営するランドマーク税理士法人は神奈川にて創業し、長年地元の方に愛されて成長してきた税理士法人です。現在では全国トップクラスの相続税申告の実績を持つ法人となりましたが、特に神奈川のお客様のお困り事は数多く解決させていただいております。相続税申告の手続きについては、相続財産がある土地の環境等をきちんと理解しているかどうかが、適切でスピーディな対応を行う上で非常に重要と私たちは考えております。海老名のお客様のご依頼も多数受けており、長年経験と実績を積んできました。海老名にお住いの皆様のお困りごとに対して自信をもって対応させていただきますので、まずは無料相談からお問い合わせください。お客様満足を大切にする専門家より、相続税申告が初めての方にとっても、どのような手順が必要なのかわかりやすくご案内させていただきます。海老名のお客様のご来訪を心からお待ち申し上げております。

海老名の相続税申告なら、相続税申告相談プラザへ!海老名から最寄りの事務所は町田駅前事務所になります

町田駅前事務所(海老名駅から小田急線で11分から15分程度。駅から徒歩1分)

東京・神奈川・埼玉の13拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全13拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に8拠点、埼玉に1拠点の全13拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • 新CM制作しました!由美かおるさん出演!
    • 日経CNBC「プロに聞く 円満相続・賢く節税」の特別編
    • プロに聞く 円満相続 賢く節税
    • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
    • 累計2万6,000部突破
    • テレビCM放映中
    • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定