二子玉川で相続税申告が必要な方へ申告期限について

二子玉川で相続税申告が必要な方へ申告期限についてご存知でしょうか?こちらでは、申告期限についてお伝えします。二子玉川で相続税申告が必要な方やご不安な点がある方は、お気軽に当プラザの東京丸の内事務所の初回無料相談に是非お越しください。

相続税申告には期限が定められています。ここでは、二子玉川で相続税の申告が必要な方に、相続税の申告期限についてご説明させて頂きます。相続税は申告期限を過ぎてしまうと、ペナルティとして延滞税や加算税が課せられてしまいますので、注意しましょう。二子玉川にお住まいの方や、二子玉川にお勤めの方で相続税の申告期限が迫っている方は、当プラザの無料相談をぜひご活用下さい。当プラザでは、二子玉川の方々と地域密着し、親身に相続税申告をサポートいたします。相続税申告の実績と経験が豊富な事務所ですので、安心してご相談いただけます。では、まず相続税の申告期限についてご説明いたします。

相続税の申告期限について

相続税の申告期限は、相続開始を知った日(通常、被相続人が亡くなった日)の翌日から10か月以内です。申告期限の日が土日や祝日の場合、次の平日が申告期限日となります。10か月と聞くと時間に余裕がありそうに見えますが、実際はやることが多いため、期間内に余裕を持って相続税申告に必要な手続きと納税を完了していなければならない為、早めに申告準備にとりかかる必要があります。相続税申告までに完了しておかなくてはならない相続手続きには以下のようなものがあります。

  • 相続財産を調査する
  • 相続人を調査する
  • 遺産分割協議を行い、遺産分割の方法を確定する

上記の相続手続きが完了したのち、相続税の計算をして申告書を作成します。申告書と一緒に添付する必要書類の収集も並行して行い、すべてが揃い次第税務署へ提出して納税、といった流れになります。

相続手続きがスムーズにいかず時間がかかってしまい、申告期限を過ぎてしまうというケースも少なくはありません。例えば、相続人の調査で必要となるのは、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本となります。その全てを収集するには各市町村役場へ行く必要があるため、被相続人が過去に本籍を二子玉川以外にも転々としていた場合、全ての戸籍謄本を収集するのはとても大変な作業となり、時間と手間がかかってしまいます。また、相続財産の調査については、誰もどこにどのような財産があるのか把握していない場合、調査は困難なものとなります。また、すべての財産が確定したのち、遺産分割協議を行う段階では、相続人全員での話合いによる協議が必要となります。よって、すべての相続人が二子玉川周辺に住んでいるとは限りませんので、全員での話合いを行うこと自体が難しい事例もでてきます。そして話し合いができたとしても、遺産分割の内容に折り合いがつかずなかなか決まらないと、申告期限が過ぎてしまうという事態も考えられます。

こうした理由から、10か月と聞くと余裕があるように感じますが、実際に手続きを進めていく中で、思いのほか時間がかかってしまい申告期限に間に合わないという事態を招きかねません。当プラザでは相続税申告だけではなく、申告に必要な相続手続きからのトータルでサポートすることが可能となります。二子玉川にお住まいの方、もしくは亡くなった方が二子玉川にお住まいだった方の相続税申告は、当プラザの東京丸の内事務所へお気軽にご相談ください。二子玉川の方で申告期限が迫っているという方やお困りの方は、なるべくお早めにご相談ください。

相続税の申告場所 二子玉川周辺の管轄税務署は

相続税の申告・納税は、被相続人の亡くなった時の住所地を管轄する税務署へ行います。相続人の住所地を管轄する税務署ではありませんので、注意しましょう。被相続人が最後に二子玉川にお住まいだった場合、玉川税務署へ相続税の申告・納税を行います。遺産を引き継ぐ相続人の住所地が二子玉川であっても、被相続人の最後の住所地が二子玉川ではない場合は、管轄税務署が異なりますので必ずご確認下さい。

また、被相続人が亡くなった時にお住まいだった場所が二子玉川であっても、実際に住んでいる住所地と住民票の住所地が異なる場合もあります。こういったとき、被相続人の住民票に記載されている住所地が二子玉川ではない場合には、申告・納税は住民票に記載されている住所地を管轄する税務署へ行いますのでご注意ください。

申告期限が迫っている場合、二子玉川での手続きは?

相続税の申告期限が迫っていて、このままだと期限を過ぎてしまいそう、といったときには、管轄税務署へ申請することで、最大2か月間の延長が認められる場合があります。しかし、この申請は、特別な事情がありそれが受理された場合のみ延長が認められます。ただ単に着手したのが遅くて間に合いそうにないなど単純な理由だけでは受理は認められません。二子玉川での申告が必要な方は、その旨を玉川税務署へ申請を行います。では、延長が認められる特別な事情とはどういった場合なのか、主に下記の内容となりますので確認していきましょう。

申告期限の延長が認められる事情とは

  • 認知や廃除などにより相続人に異動が生じた
  • 遺贈に係る遺言書が発見された、または遺贈が放棄された
  • 死亡退職金等の支給が確定した
  • 法定相続人となる胎児が生まれた
  • 災害等が発生した

上記のような特別な事情が発生した場合、申告期限の延長が認められ受理される可能性があります。しかし納税額の計算をやり直す必要があったり、新たな必要書類を収集しなければならないなど、相続税の申告期限の延長に伴う作業は重労働になります。

二子玉川にお住まいの方で相続税の申告期限が迫っている…という方は、お早めに当プラザまでご相談ください。当プラザでは、相続税申告に精通した税理士事務所として、実績と経験が豊富な税理士が丁寧かつ迅速にサポートさせていただきます。二子玉川で申告期限が迫っていてお困りという方は当プラザの東京丸の内事務所までお越しください。相続税申告をはじめ、申告期限の延長の申請についてもサポートをしております。

パートナーの専門家とともに、二子玉川の方の相続手続きをトータルでサポートいたします。当プラザでは、司法書士・行政書士・弁護士といった専門家と提携しており、二子玉川のお客様の相続手続きをトータルでサポートさせていただきます。相続税申告のご相談はもちろん、相続全般のお悩みごとに幅広いサポートをする体制が整っております。提携先の専門家も国内トップクラスの技術と実績をもちあわせておりますので、どうぞご安心してご依頼下さい。

例えば、下記のようなお困りごともご対応可能です。

  • 相続人が多いため、遺産分割協議がなかなかまとまらない
  • 遺言書に記載されていない借金がありどう対処したらよいか
  • 長期間不在にしている、行方が分からない相続人がいる
  • 被相続人の相続財産が多岐に渡る為、相続税の計算方法が分からない

上記のように、どんな些細なお困りごとでも、親身に対応させていただきます。二子玉川にお住まいの方で相続に関するお悩みがございましたら、当プラザの東京丸の内事務所へお気軽にお立ち寄りください。

二子玉川周辺の皆さまのお困りごとに丁寧に対応いたします

当プラザは関東で12拠点を構えております。それぞれの地域の方々のお困りごとに親切・丁寧を心掛け対応させていただいております。

二子玉川周辺の方の最寄りの事務所は東京丸の内事務所となり、東京駅(JR・東京メトロ丸ノ内線)丸の内南口 徒歩3分とアクセスしやすい立地となっておりますのでお気軽にお立ち寄りください。もちろん当プラザは他にも様々な地域に事務所を置いていますので、お客様のご都合の良い事務所にお立ち寄りいただくことも大歓迎いたします。

二子玉川周辺の方ならではのお困りごとに対応いたします。

当事務所の専門家は、二子玉川周辺の地域に密着しており、二子玉川ならではの地域の特性や環境についてなどの情報を把握しております。二子玉川周辺の方ならではのお悩みの対応に自信があり、二子玉川のお客様にとってより最適で的確な判断を行えるよう地域に密着したサポートを行っております。二子玉川で相続税に関するお悩みごとでしたら、ぜひ一度当プラザの東京丸の内事務所へ無料相談にお越しください。

二子玉川の最寄り事務所
東京丸の内事務所までのアクセス
​【最寄り駅】
・[東京駅](JR・東京メトロ丸ノ内線)丸の内南口 徒歩3分
・[大手町駅](都営三田線)D1出口 徒歩4分

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~18時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『JNN NEWS』テレビCM放送中
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • コンプライアンスへの取り組み