赤羽の皆様の相続税における配偶者控除について

赤羽の皆さまで相続税についてお困りの方は、ぜひ当プラザに一度お話をお聞かせください。こちらのページでは、配偶者控除についてご説明して参ります。ご覧になっていてわからないことがあれば、お気軽に池袋事務所までお問い合わせくださいませ。

相続税には様々な控除がありますが、その中の一種として配偶者控除があります。「配偶者控除」とは、被相続人の配偶者が相続によって財産を取得した場合に、相続税額の全て、あるいは一定の金額の控除を受けることができる制度のことをいいます。 この制度は配偶者の税負担を軽くすることを目的に作られ、制度設立の背景としては下記のようなものが挙げられます。

  • (1)配偶者による財産取得は、同一世代間の財産の移動である為、遠からず次の相続がおこり、再度相続税が発生する事になると税金への負担がかなり大きくなる
  • (2)被相続人の財産の維持には、配偶者の貢献があったからと考えられる。そのため、これについて配慮をするべきであるため
  • (3)被相続人が亡くなった後の配偶者の生活保障に配慮が必要である

赤羽の皆様、相続税申告には「被相続人の死亡を知った日(通常は死亡日)の翌日から10ヶ月以内」と期限が設けられています。10ヶ月と聞くと、余裕があると感じる方も多いかもしれませんが、戸籍の収集から相続人の確定、財産調査、様々な書類の準備、相続税の計算など進めなければならない手続きは多岐に渡ります。期限を過ぎてしまうと、追加で延滞税などを請求されることもありますので、赤羽の皆様はお気を付けください。 では、配偶者控除を受けるにはどのような手続きが必要になるのでしょうか。 配偶者控除を受けるには、相続税申告を期限内に済ませ、税務署へ配偶者控除の適用を受けたい旨を記載した申告書を提出する必要があります。 先ほど記載したような他の手続きを進めながら、配偶者控除も申請しなければならないため、少しでもご不安がある方は専門家に相談されることをおすすめ致します。

 

当プラザは赤羽に地域密着で対応しています

赤羽にお住まいの皆様からのご依頼は、赤羽からアクセスの良い池袋事務所がご対応いたします。赤羽の方より多くのお問合せを頂いており、実績も豊富にございます。地域に根付いたサポートができますので、まずは初回無料の相談を活用ください。 また、相続税申告を行う税務署は、どこの税務署でも受け付けてもらえるわけではありませんので注意しましょう。申告先は被相続人の最後の住所地を管轄する税務署に行いますので、相続税申告をお考えの方はこちらも合わせて確認しておきましょう。

 

軽減額の計算方法について

配偶者控除と聞いて次に気になるのが、軽減額ではないでしょうか。ここでは軽減額の計算方法についてお話して参ります。赤羽の皆様は、当プラザ池袋事務所へとお越しいただければ初回は無料相談にてお話をお伺いすることが可能です。お気軽にお問い合わせください。 赤羽の皆様、配偶者控除は法律により、配偶者が相続した遺産額1億6,000万円までが一定金額と定められています。また配偶者の法定相続分を超えなければ、相続税を課税されることもありません。法定相続分相当額、または1億6,000万円のどちらか多い額が占める比率を、相続税額の総額に乗じて金額を決定していきます。ですから、配偶者の相続する財産額が、その法定相当額であるか、あるいは1億6,000万円以下であれば、配偶者に相続税は課税されないのです。

適用のための要件

  • 相続税申告の期限までに配偶者控除の申請、受諾される。その計算の明細を記載した申告書を提出する。

相続税申告を期限内に済ませる事が前提となりますので、期限は必ず守るようにしましょう。もしご自身で計算を済ませ、配偶者控除が適用されることがわかり、納税額がない場合であっても、申告書は税務署へと提出しなければなりません。提出しなければ、配偶者控除は適用されませんので赤羽の皆様はくれぐれも注意してください。

赤羽に住所地がある方の申告先税務署は、王子税務署でございます。

もし、こちらのページをご覧の方の中で、赤羽に複数の不動産を所有されている方がいらっしゃる場合は、相続税の対象となっている可能性もあります。軽減制度の利用を希望される場合は、赤羽の相続に詳しい税理士へ依頼することをおすすめ致します。経験や知識が豊富だからこそ知っている節税対策を提案してくれるかもしれません。せっかくの財産を税金で徴収されてしまわないよう、しっかりと赤羽の皆様をサポートしてくれるでしょう。 注意点として、この軽減制度は遺産分割等によって実際に取得した財産にのみ適用をされます。ですから、もし、遺産分割協議が申告期限までに終わらなかった場合には配偶者控除の適用がないものとして相続税申告を行い、完了後に改めて更正の請求、または修正申告を行ってください。この手続きを踏むことで適用を受けることが出来るようになります。 何よりもまず、申告を済ませておくことが大切です。

 

配偶者控除を利用する場合のデメリットは?(赤羽)

ここまでの記載だと、メリットが多いように感じますが、配偶者控除を利用して税額を軽減した場合にもデメリットはあります。一次相続と呼ばれる配偶者の相続時には節税になりますが、その次の相続である二次相続のタイミングで相続税額が増えることがある点です。 二次相続まで考慮しながら慌ただしい相続手続きを進めていくのはなかなかの労力を要すると思います。当プラザでは、赤羽の皆様から相続手続きに関するお問い合わせを多くいただいております。お困り事があれば、ぜひ我々、赤羽に精通した専門家にサポートさせてください。

 

赤羽の最寄り事務所のご紹介

赤羽の皆様、赤羽よりアクセスの良いランドマーク税理士法人 池袋駅前事務所をご利用ください。池袋駅前事務所は池袋駅から地下道を通り、出口(39番)から徒歩30秒と天候に関わらずお越しになりやすい立地となっております。池袋でのお買い物のついでなど、お気軽にお立ち寄り頂き、赤羽にお住まいの皆様のお困り事をお聞かせ下さい。赤羽の皆様の細かい資料作成や、手続き、納税まで親身にサポートいたします。

 

赤羽の皆様のご来所をお待ちしています

当事務所を運営するランドマーク税理士法人は、首都圏に数多くの支店を持ち、国内でもトップクラスの実績を誇る士業事務所でございます。相続手続きにおいて、いかに赤羽の環境について状況を把握できているか、ということが重要になってまいります。赤羽の皆様のお役にたてる様、日々知識を増やし、スタッフ一同尽力しておりますので、ぜひ一度当プラザにご相談下さい。豊富な情報量によってお手続きがスムーズに進められるようサポートさせていただきます。赤羽にお住まいの方だけでなく、赤羽にお勤め、赤羽に所有する財産がある、などのご相談者様からもお問い合わせをお待ちしております。

【赤羽からの最寄り事務所】

池袋駅前事務所(最寄り駅:池袋駅(JR線) 東口 徒歩3分)

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~18時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全12拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に7拠点、埼玉に1拠点の全12拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の12拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~18時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『JNN NEWS』テレビCM放送中
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • コンプライアンスへの取り組み