財産の寄付・遺贈
donation

寄付は税制優遇の対象となります

ランドマーク税理士法人は公益財団法人パブリックリソース財団と提携し、相続対策の一環として、寄付に関する総合的なサポートをご提供します。寄付は税制優遇の対象となります。

有益な社会活動へご寄付いただくことで、ご自身の資産や相続された財産を、末永く次の世代へ受け継いでいくことができます。寄付者のお志を最大限に具体化するため、教育、環境、文化・芸術・スポーツ、地域振興、国際協力、障がい者支援など、ご関心のある領域での有意義な取組みを寄付先としてご紹介し、個人基金の立ち上げなど、カスタムメードな寄付のお手伝いをいたします。

個人基金

ご寄付をお預かりし、寄付者の意思を大切にしながら使い道を決めて、配分・活用させていただくものです。

個人基金
  • 基金は100万円から作ることができます。
  • 基金の地域、活動の分野、社会課題などを特定して設定することができます。
  • 助成先(支援先)は、専門的な委員会による選定などを経て選びます。
  • 助成先団体からの活動報告は、パブリックリソース財団からお届けします。

遺贈

遺言書をつくり、残す財産(遺産)を相続人以外の特定の人や団体に贈ったり、寄付する事を「遺贈」といいます。遺贈のご意思は、遺言書を残すことではじめて実現できます。

相続財産の寄付

相続された財産の一部をご寄付いただくことで、故人のご遺志に沿って遺産を永く社会にお役立ていただくことができます。パブリックリソース財団にご寄付いただいた相続財産には、相続税が課税されません。

香典からの寄付

ご葬儀などでお香典をいただいた方々への「お香典返し」に代えて、お香典をパブリックリソース財団へご寄付いただくことが可能です。ご要望によりパブリックリソース財団から会葬者への御礼状をご用意いたします。

今からでもすぐに始めていただける寄付

今ある基金から選んでご寄付いただく: パブリックリソース財団には、今取り組むべきと考える社会課題をテーマとした基金を立ち上げています。この中からご関心のあるものを選んでご寄付いただけます。

【環境】未来につなぐふるさと基金
【アート】アート&ヘルス基金
【地域】AED・地域あんしん基金、AED・健康スポーツ基金
【教育】教育基金

【オンライン寄付サイトGiveOne】
パブリックリソース財団が運営するオンライン寄付サイトGiveOne(ギブワン)では、独自の審査を経て登録された、信頼のおける団体の活動を紹介しています。この中から寄付先をお選びいただけます。

  • 環境、国際協力、子ども・青少年、障がい者、女性など10の分野の国内外200以上のプロジェクトがあります。
  • クレジットカード(VISA, Master, JCB, Amex)、ジャパンネット銀行、オンラインバンキング(オンラインやATMからのお振込み)でお支払いいただけます。
  • 毎月・半年ごと・1年ごとの自動引き落としによる寄付ができます(クレジットカードのみ)

【パブリックリソース財団】
http://www.public.or.jp/PRF/disposition/


相続税対策

  • 生前贈与
  • 遺言
  • 養子縁組
  • 土地の活用
  • 生命保険
  • 寄附

相続について その他メニュー