相続税申告なら税理士相談TOP > 相続について > 遺言の種類と作成の流れ

遺言の種類と作成の流れ
Last will and testament

相続でもめる親族

税を知る専門家の遺言書だからこそ
できることがあります

トラブルを回避し、相続をスムーズに行うために、
今、遺言書が注目されています。

遺産の分割は遺産分割協議によって決めるのが理想的ですが、相続人全員が納得するように分けるのは難しいものです。
また、相続人ではない人に財産を渡したいといったケースや、特定の相続人には財産を渡したくないといったような、法定相続では対応できないケースなどもあることでしょう。

そうした場合に将来のトラブルを未然に防ぐことができるのが遺言書の活用です。

しかし、遺言書の種類、作り方は法律で厳格に定められており、それ以外の方法で作成されたものは無効で、法的効力を生じません。それどころか、かえって紛争の種になってしまう可能性すらあります。そのため、よく注意して作成する必要があります。

なお、「うちは財産がないから遺言なんて関係ない」という方からの遺産相続に関するトラブルが増加していますので、財産額に関係なく準備されることをお勧めします。このページをお読みいただいた上、遺言が本当に不要か今一度ご検討下さい。


何はともあれ、すぐに相談したい方

● 遺言書作成の相談をしたい
● 分割内容は決まっているのでチェックして欲しい
● 遺言書が必要になるかどうかわからない

お問合わせフォームへ


遺言の種類

遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、遺言者はいずれかの形式を選択することになりますが、法律的に有効な遺言を作成し、確実な処理を望む場合、是非、公正証書遺言をお薦め致します

遺言が必要なケース

ご本人のご希望によっては、実現のために遺言が必要不可欠となるケースもあります。

相続税試算、遺言書文案作成、公証役場の立会いなど、
相談から作成まで一連の業務を経験豊富な専門スタッフがお手伝いします。



誰に遺すか次第で税額が大きく変わる!?

遺言書を遺すに当たって見逃してしまいがちなのは、誰がどの財産を相続するのかにより、場合によっては税額も大きく変動してしまうということです。そのため、税法上で定められている制度や特例の適用要件をあらかじめ理解しておく必要があります。

 相続が発生してから「こっちの方が有利だった!」と判明して、遺言と違う内容の分割をするには、相続人全員の合意(遺産分割協議書)が必要となります。遺言を作成する際には、民法だけでなく税法にも精通した専門家に相談するようにして下さい。


期限内に分割が決まらないと大損してしまう!

 法律上いつまでに遺産分割を行わなければならない、という決まりはありません。しかし、分割が確定していなくても、相続税の申告については期限内(相続開始の翌日から10ヶ月以内)に済ませる必要があります。
 遺産分割協議がまとまっていない段階で相続税の申告をする場合、各種の税法上の制度が利用できないというデメリットがあり、申告時に納付する税額が多額になるなどの問題が生じます。また、税法上の制限に加えて、精神的、経済的な負担も大きくなります。
 円滑な相続をするためには、あらかじめ遺言書を作成しておくのが何よりの対策です。


好き勝手に相続させない「遺留分」という制限

 遺言書を作成しておくと、法定相続分と異なる割合で財産を残すことができます。ただし、「遺留分」という制度には注意して下さい。遺留分とは、特定の相続人に対して最低限度に保証されている相続財産に対する権利で、原則として、法定相続分の2分の1とされています。

サポート料金
遺言書の作成にあたって次のプランをご用意しています。

相続税対策

  • 生前贈与
  • 遺言
  • 養子縁組
  • 土地の活用
  • 生命保険
  • 寄附


相続について その他メニュー


フリーダイヤル0120-48-7271平日9:00~19:00/土曜9:00~18:00/日祝10:00~17:00 ※ご相談は土日も対応。60分無料相談予約はこちら