相続税対策
Living donation

相続における最も重要なポイントは、
「節税対策」「納税資金対策」「争族対策」の3つです。

1つ目の「節税対策」は、生前贈与を利用して相続税の納税額そのものを減らす方法です。
2つ目の「納税資金対策」は、相続税の納税資金を確保するための対策です。生命保険金を活用して、不動産を譲渡または物納することなく相続税の納税を完結させることができます。
3つ目の「争族対策」は、相続人間で遺産争いが起こるのを未然に防ぐための対策です。遺言を活用することで、個々の財産の帰属を明確にしたり、相続人以外の人に財産を与えることもできます。

相続税対策は、お客様の状況によってそれぞれ異なります。
ランドマーク税理士法人では、お客様に合った最適な相続税対策を幅広く提案し、相続発生前から相続税申告まで、トータルサポートいたします。

相続税試算

ご自身の相続税、どのくらいかかるかご存知ですか?

相続税対策の第一歩は現状把握です。
現在どのくらいの財産があり、税金がどのくらいかかるのか把握することで、具体的な相続税対策(節税対策、納税資金の確保、争族対策)を検討することが出来ます。
弊社では、将来発生する配偶者の相続(二次相続)まで考慮した相続税試算を行います。
具体的にどのような生前対策がありどの程度の効果があるのか、詳しくご説明いたします。
また、相続人間の争いを防ぐため、遺留分を考慮した遺言についても、アドバイスさせていただきます。
相続税のシミュレーションの依頼はこちら >>



相続税対策

  • 生前贈与
  • 遺言
  • 養子縁組
  • 土地の活用
  • 生命保険
  • 寄附


相続について その他メニュー


フリーダイヤル0120-48-7271平日9:00~19:00/土曜9:00~18:00/日祝10:00~17:00 ※ご相談は土日も対応。60分無料相談予約はこちら