相続税対策
Living donation

相続税対策をする上での重要なポイント

相続における重要なポイントは、「節税対策」「納税資金対策」「争族対策」の3つです。

「節税対策」は、生前贈与や賃貸物件を利用して相続税の納税額そのものを減らす方法です。

「納税資金対策」は、口座が凍結された場合に備えて、生命保険金を活用する方法です。また、生命保険金は非課税枠があるため、節税対策にもなります。

「争族対策」は、遺言を活用することで、相続人間で遺産争いが起こるのを未然に防ぐ方法です。

相続税の申告期限

相続税の申告は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行わなければなりません。例えば、2月6日に死亡したことを知った場合にはその年の12月6日が申告期限となります。申告期限を過ぎたり、実際に相続した財産額より少ない額で申告した場合、本来の税金のほかに加算税や延滞税がかかる場合があります。しかし特殊な事情がある場合は申告期限を延長できたり、特例の適用を受けることができるので、実績やノウハウを持つ税理士事務所に相談することをおススメします。
相続税の申告期限 >>

贈与による相続税対策

贈与の活用が、相続税の対策にもなります。110万円の基礎控除を利用した贈与税の節税対策や配偶者控除、相続時精算課税制度、住宅取得資金贈与、教育資金の贈与等を利用する方法があります。

しかしそれぞれに条件もありますので、注意が必要です。

また生前贈与においては勘違いが起こりやすい為「贈与」についてしっかり話合っておく必要性があります。

相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続税の課税対象になるので、贈与する時は早めに行う方がより効果的になります。ただし許可申請や贈与契約書等、細かい手続きが必要となる場合があるのでプロに相談をすることがベストです。
生前贈与・税金対策のお手続き >>

養子縁組の利点と相続税対策

法定相続人の数を増やすこと(養子縁組)で相続税の対策になる点が4つあります。(相続税法上では、実子がいる場合は一人まで、実子がいない場合は二人まで)

1.法定相続人が一人増えるごとに基礎控除額が600万円増加します。
2.相続税は所得税同様に超過累進税なので相続人が増え一人当たりの相続分が減少すれば税率が
    下がる場合があります。
3.生命保険金・退職手当金の非課税限度額は「500万円×法定相続人の数」なので相続人が増えると
    非課税額も増加します。
4.孫を養子にすれば相続を1代飛ばすことができます。
    (ただし、(代襲相続除く)2割加算の対象となります。)
養子縁組の利点と対策 >>

生命保険を活かした相続税対策

相続税の対策のひとつに、生命保険を活用した方法があります。

生命保険金は非課税枠があり、節税対策として有効です。

また、生命保険金は民法上本来の相続財産ではなく、受取人固有の財産となるため、兄弟間の遺産分割でもめる心配がある場合には、生命保険と代償分割を利用するとよいでしょう。家を継ぐ者に財産を相続させ、保険金を受け取らせます。その保険金の中から他の兄弟へ代償金を渡す形にします。この方法をとる場合は、遺言書を作成しておくことが必要です。
生命保険を活かした対策はこちら >>

住宅借入金も相続の対象

アパートを建築する際、金融機関から借入れをすると(負債)借入金を債務として控除することができ、相続税が少なくなります。しかしアパートを建築する場合には償還期間の長い大きな借入れをするのも事実です。アパートを建築する際には相続税対策だけではなく、将来にわたって負債を返済していけるのかどうか、しっかり検討することが必要です。
よくある質問-アパートを建築すると相続税対策? >>

小規模宅地の評価減額をいかした相続税対策

小規模宅地等の特例を利用することで、相続税を安くすることができます。

小規模宅地等の特例とは、被相続人や生活を共にする家族の事業用・居住用の宅地について、一定の要件を満たした場合にその宅地の評価額を限度面積まで最大80%減額することができる、というものです。

この特例の適用を受けるための要件は、相続前の用途と相続後の取得者及び利用状況について設けられ、両方を満たした場合に適用があります。宅地がたくさんあるような場合には、どの宅地について適用を受けるかということによって減額金額が大きく変わることも少なくありません。最も有利になる宅地を適切に選択するためにも、専門の税理士に相談しましょう。
小規模宅地の評価減額をいかした対策 >>

土地評価減額を利用した相続税対策

土地の評価減を利用した相続税対策もあります。相続財産は原則「時価」で評価されます。土地は一つ一つ状況が異なり、どれ一つとして同じものはありません。評価の方法も税理士の数だけあると言われています。

ランドマーク税理士法人では、毎日朝礼で様々な土地の事例を用いて、どうすれば一番評価額を下げられるかという議論をします。

必要があれば、外部の専門家(不動産鑑定士等)の意見も取り入れ、最適・最少な評価額を導き出します。一度申告された土地の評価を見直した結果、○○円の還付を可能にしました。土地の評価は申告実績がものをいいます。
土地評価減額を利用した相続税対策 >>

譲渡所得相続時の注意点

相続税の申告期限から3年以内に相続した財産を売却した場合には、相続税額のうち一定額を取得費に加算する(つまり経費にする)特例があります。

平成27年1月1日以後に開始する相続又は遺贈により取得した土地を譲渡する場合には、取得費に加算できる金額が、相続した「すべて」の土地等に対応する相続税額相当額から、ほかの財産と同様、「譲渡した」土地等に対応する相続税額相当額だけが対象となりましたので注意が必要です。
譲渡所得相続時の注意点 >>

相続税試算

ご自身の相続税、どのくらいかかるかご存知ですか?

相続税対策の第一歩は現状把握です。
現在どのくらいの財産があり、税金がどのくらいかかるのか把握することで、具体的な相続税対策(節税対策、納税資金の確保、争族対策)を検討することが出来ます。
弊社では、将来発生する配偶者の相続(二次相続)まで考慮した相続税試算を行います。
具体的にどのような生前対策がありどの程度の効果があるのか、詳しくご説明いたします。
また、相続人間の争いを防ぐため、遺留分を考慮した遺言についても、アドバイスさせていただきます。
相続税のシミュレーションの依頼はこちら >>



相続税対策

  • 生前贈与
  • 遺言
  • 養子縁組
  • 土地の活用
  • 生命保険
  • 寄附


相続について その他メニュー