相続税申告なら税理士相談TOP > 相続について > 遺産分割協議をお考えの方

遺産分割協議をお考えの方
Legacy division conference

遺産分割協議

遺産相続とは、遺産を相続人で分けることです

1遺産分割とは

遺産分割とは、遺産を共同相続人で分割し、各自が個別に財産を取得する手続をいいます。要するに遺産を相続人で分けることです。

遺産分割の種類

遺産分割とは、遺産を共同相続人で分割し、各自が個別に財産を取得する手続をいいます。要するに遺産を相続人で分けることです。

  • 「現物分割」
    たとえば「土地と家屋は妻に、株式は長男に」というように、特定の財産を特定の相続人が相続する方法です。
  • 「換価分割」
    遺産の一部または全部を売却して、そのお金を相続人で分ける方法です。
  • 「代償分割」
    遺産の全部または一部を現物で相続人中の1人又は一部の者に取得させ、その代わりに、他の相続人に不足分を代償金として支払うという方法です。
  • 「共有分割」
    たとえば「土地は妻と長男が2分の1ずつ相続する」というように、遺産の全部または一部を共有しておく方法です。
2遺産分割の方法

遺産分割の方法は大きく分けて4つの方法があります。
実際の相続では、遺言はなく死亡してから家族等の相続人が遺産の相続方法について考えるケースが多いものです。この中でも「2」の協議による分割=遺産分割協議によって遺産を分けるのが一般的です。

(1)遺言による分割
遺言者が遺言で分割を決めます。
遺言等で指定されていれば、遺言執行者が遺産の分割を実行します。
(2)協議による分割
遺産分割協議と呼ばれます。
遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書は、法務局に申請する不動産の相続登記の際に必要です。
(3)調停による分割
分割協議がまとまらない、協議ができないとき、家庭裁判所に申し立てをします。
(4)審判による分割
調停が不成立のとき、調停より移行されます。審判官が相続分に従い分割方法を指定します。
3遺産分割協議が決まらないとき

遺産分割をいつまでにしなくてはならないという決まりはありませんが、相続税の申告期限内(相続発生から10か月)に遺産分割が決まらなかった場合、相続税の計算上不利になることがあるので注意が必要です。

下記のとおり、一定の順序に従って相続人となる人および相続権を主張できる割合が定められています。

申告期限内に遺産分割が決まらなかった場合、不利になる点

  1. 配偶者の税額軽減措置の特例の適用が受けられない
  2. 小規模宅地の評価減の特例の適用が受けられない
  3. 物納することができない
  4. 農地の納税猶予の特例の適用が受けられない

申告期限から3年以内に分割が決定し、かつ、「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」を提出している場合には1と2の適用が遡って受けることができます。
また相続した財産を申告期限後3年以内に売却した場合、相続税の取得費加算の特例を受けることができますが、分割協議が長引いた場合、この特例の適用も受けられなくなります。
したがって、申告期限内に遺産分割を決めてしまうのが一番ですが、遅くとも申告期限後3年以内には遺産分割を決めるのが相続税上有利といえます。

相続税の申告期限までに遺産の分割が決まりそうもありません。その場合、どうすればよいのでしょうか。

民法に規定されている相続分により計算された金額で申告し、分割が決まり次第あらためて申告することになります。

原則として、被相続人から取得した財産について遺産の分割をし、各相続人の取得部分を確定して提出期限までに申告をしなければならないのですが、遺産の分割が決まらないためにそれができない場合があります。
このように申告期限までに分割が決定せず、分割協議が行われない場合は、民法で規定する相続分により取得する財産と承継する債務の金額を計算し、申告をします。
後日、分割協議が終わり次第、下記のとおり申告することになります。

・分割の決定により、1回目の申告時より税金が多く出た場合
⇒「修正申告書」を提出し、税金を納付します。

・分割の決定により、1回目の申告時より税金が減った場合
⇒「更正の請求」を提出し、1回目に多く払った税金を還付してもらいます。

なお、配偶者の税額軽減や小規模宅地の特例を受ける場合には、申告期限までに申告書と一緒に「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」を提出しなければならないので、注意が必要です。

4遺産分割協議書の作成

遺産分割に全員の同意が得られたら、ただちに遺産分割協議書の作成に入ります。
この協議書には相続人全員が署名し、印鑑証明を受けた印章で押印します。
未成年者の場合は特別代理人が署名・押印することになります。

遺産分割協議書は後日、不動産の登記や銀行預金などの名義変更をする際に必要となります。


相続について その他メニュー


フリーダイヤル0120-48-7271平日9:00~19:00/土曜9:00~18:00/日祝10:00~17:00 ※ご相談は土日も対応。60分無料相談予約はこちら