相続税申告なら税理士相談TOP > よくある質問 > 遺産整理手続き業務に関するご質問

相続税についてのご質問

遺産整理手続き業務に関するご質問

信託銀行で行っている遺産整理業務と比較して、内容や料金の違いはなぜですか。

遺産整理業務とは、相続財産をすべて調査・把握し、預貯金や不動産などの名義変更手続きなどを相続人の代わりに行う業務のことです。つまり、相続税の申告は含まれていませんので、相続税申告を税理士に依頼する場合には、別途費用がかかります。トータルで考えると、遺産整理業務と申告業務は一ヶ所へ依頼したほうが、費用が少なくて済むのではないでしょうか。

財産目録とはどのようなものですか。

財産目録とは、亡くなった方(被相続人)の財産と債務を記載した一覧のことで、遺産分割の際に、まず財産内容を明らかにするために作成されます。
相続財産には、故人が負っていた債務等のマイナスの財産(相続債務)がある場合があります。この相続債務についても明確に把握をしなければ、後日突然、故人の債権者と名乗る者から請求を受けてしまう危険性も伴います。したがって、なるべく早い段階で被相続人の相続財産目録を作成することをお勧めいたします。

遺産分割について争いがあるのですが、どうすればよいのでしょうか。

遺産分割の方法次第で相続税の金額が変わることがあります。
当法人が遺産分割の仲裁等を行うことはできませんが、相続に強い弁護士を紹介することも可能です。
>> 遺産分割について詳しく調べる

フリーダイヤル0120-48-7271平日9:00~19:00/土曜9:00~18:00/日祝10:00~17:00 ※ご相談は土日も対応。60分無料相談予約はこちら