相続税申告なら税理士相談TOP > よくある質問 > 相続税試算・生前対策に関するご質問

相続税についてのご質問

相続税試算・生前対策に関するご質問

遺言書を作成したいのですが、どうしたら良いのでしょうか。

遺言には、公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言があります。安全性・確実性の面から公正証書遺言の形で遺言を残すことをおすすめします。当法人では、併設の行政書士法人で遺言書の作成支援を行なっていますので、お気軽にご相談下さい。
>> 遺言について詳しく調べる

生前対策は何を行ったら良いでしょうか。

相続の生前対策の一つとして、生前贈与は重要なポイントです。
配偶者に対する居住用財産の贈与や暦年贈与の利用、または親族間売買など、適切なアドバイス、対策レポートを作成しご提案させていただきます。
>> 相続税対策について詳しく調べる

銀行等の金融機関が提案する生前対策との違いは何ですか。

生前対策には、大きく分けて「節税」「遺産分割」「納税」対策があり、そのバランスが重要です。銀行が提供する生前対策は、主に資金融資(借入)を前提としたものになる傾向(節税対策)が強いです。借入を行わなくてもできる生前対策はたくさんあります。 お客様のそれぞれの状況に応じて最適な相続税の「節税」「遺産分割」「納税」対策をトータルでご提案させていただきます。
>> 生前対策について
>> 遺産分割について
>> 納税について

フリーダイヤル0120-48-7271平日9:00~19:00/土曜9:00~18:00/日祝10:00~17:00 ※ご相談は土日も対応。60分無料相談予約はこちら