相続税についてのご質問

相続税のしくみ

相続税はどのようなしくみになっているのでしょうか。教えてください。

相続税は人の死亡により、その亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続した人(相続人)が取得した財産に対して課税される税金です。

相続税は、各人の課税価格の合計額からその遺産にかかる基礎控除額を控除した金額を、法定相続分に応じて計算された各取得金額につき、超過累進税率を適用して計算されます。
各人が、納付すべき相続税額の計算は、相続税の総額を按分し、その金額から税額控除額を差引いた金額となります。

相続税は次のようにして計算することになります

  • 相続財産-非課税財産=遺産総額
  • 遺産総額-(債務+葬式費用)+生前贈与加算=課税価格
  • 課税価格-基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)=課税遺産総額
  • 法定相続人の法定相続分×税率=各人の相続税額(各人の相続税額の合計が相続税の総額)
  • 相続税の総額×各人の課税価格/課税価格の合計額=各人の取得財産に応じた相続税額

相続税計算の流れ