スタッフブログ

知っているからこそ話せる相続実務の肝!

2012年09月21日

こんにちは、園部です。

さて、丸の内相続大学校【相続マイスター講座】が帰ってきました。
新しい講師陣を迎え、<第2期>が開講!!


記念すべき初日、2012年9月20日(木)は

【第1講座】13:30~15:40 と
【第2講座】16:30~18:40 が開講されました。
  

まず、【第1講座】のテーマは・・・

『900件超の申告実務で見えた相続財産調査の勘所』

講師は、当法人 代表 清田 幸弘 税理士・行政書士です。


講義のはじめは、この相続業界で勝ち抜くための
マーケティング的なノウハウを惜しげもなく披露していただきました。

一例としてあげられた、ブックマーケティングについて
その重要性はよくご理解いただけたのではないでしょうか。

まさにタイムリーなお話ですが、
きたる10月1日(月)に、弊社より新しい書籍が出版される予定です。

その名も、
「11人の解決事例より学ぶ 円満相続のセオリー」
 ~近づいてきた一億総“争族”時代に備える(ごま書房社刊)

ぜひ、お手に取っていただけると幸いです。

少々、話がそれてしまいましたね。

講義は、生命保険など、相続対策商品の購入に結びつける
「生前贈与のツボ」や、「物件建築の落とし穴」にまで話はおよび、
積み上げられた実務経験の引出しから溢れ出すような話の構成でした。

そして、メインテーマであります、
財産評価で特に力を入れてご紹介したのは、
やはり、土地の評価減では無視できない「広大地評価」、
そして、これもまた50%以上の減額が見込める
「市街化調整区域内の雑種地の評価」。

いずれもプロ中のプロでしか判断ができない専門領域です。

このような高額な評価減に踏み切る手前での経営判断の仕方にまで踏み込み、
当社の強みとなっている秘密が赤裸々にされてしまったかもしれません。

これもまた、相続大学校受講の特典の一つということですね。

主宰の講義とあって、
「大変良かった、良かった!」と感じた受講者は100%!
「今後の相続実務に活かすことができそう」と感じた方も100%でした!!


それでは、受講者の方々の感想を、一部お伝えします!
—————————————————————————–

●講義について、率直なご意見をお聞かせください。

・「広大地に理論なし!」は印象的でした。(税理士)

・評価についてもっと勉強したい(税理士)

・広大地評価の実務 考え方が大変役にたちました。(保険会社勤務)

・広大地や雑種地など理論が明確に定まっていない分野の話について
 非常に関心を持ちました。(税理士法人勤務)

・いろいろな事例が大変興味深かった(税理士)


●本日の講義で、特に印象に残った部分をお聞かせください。

・恥ずかしながら、現地調査をせずに公図を信用していた。
 今後はしっかりと現地調査をしていきたい。
 税務調査があって、公図が現状と大幅な相違があると考えたら、今夜から眠れないです。(税理士)

・普段から相続税申告のお仕事をお願いしていて、
 とても安心感がありますが、その裏付けがわかったように思います。
 相続税の計算も無料というのは初めて知ったので、今度ぜひお願いします。(行政書士)

・土地評価等、相続税申告における重要箇所について、
 お客様にざっと説明する上で、非常に役立ちました。(司法書士)

・「縄伸び」「広大地評価」「雑種地評価」など、
  地主さんの相続に活かせる話題が多く、たいへんためになりました。(銀行員)

・本の出版の話(不動産鑑定事務所勤務)

・広大地、雑種地の取り扱い(税理法人勤務)

・広大地評価事例について(銀行員)

・広大地・雑種地の評価及び、更正の請求の使い方(税理士法人勤務)

・広大地・調整区域内の評価の方針について(税理士)

・広大地評価に関する考え方(税理士)

・広大地と雑種地の実務における判断(税理士)

——————————————————————————–

10月1日より出版される書籍、
『11人の解決事例より学ぶ 円満相続のセオリー
 ~近づいてきた一億総“争族”時代に備える』(ごま書房社刊)


┌─[ 次回、開催予定 ]─────────────────────────────
|┌─┬─┬─┬─┐
||第|3|講|座| 9/27(木)『相続税の新物納制度 概要と相続対策現場の実務』
|└─┴─┴─┴─┘
| 【講義テーマ】
| ・物納制度のあらましと改正点
| ・物納手続きの流れ
| ・金銭納付を困難とする理由書、整備のポイント
└───────────────────────────────────────
 
 講 師 :鈴木 伸治 コンサルティング事業本部長
      (㈱国土工営 専務取締役)

 日 時 :2012年9月27日(木)18:30~20:40
      
 場 所 :東京都千代田区丸の内2丁目5番2号 三菱ビル1階(セミナールーム)

 交 通 :東京駅(JR・東京メトロ丸ノ内線)10番出口直結 徒歩3分
      二重橋前駅(千代田線)4番出口 徒歩2分
      大手町駅(都営三田線)D1出口 徒歩4分 他

 参加費 :1講座(2時間)18,900円(消費税・テキスト代含)

 問合せ :TEL 03-6269-9095(担当:森高、小林)


皆様のご参加を心よりお待ちしています。

___________________________________________________________________________

 

東京・神奈川・埼玉の13拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全13拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に8拠点、埼玉に1拠点の全13拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『サンデーモーニング』テレビCM放送中
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • コンプライアンスへの取り組み