スタッフブログ

 「税制が日本の農業を救う!農地等の納税猶予」

2013年06月14日



こんにちは、園部です。

最近、東京への移動が多くなったことで、
通勤・退勤に不要な疲労を感じています。

先日、
気分が乗らない月曜日
だったのもあり

たまらず、
リッチに新幹線を活用して通勤。

週刊少年ジャンプを購入し、
朝から

「よし、まったり通勤するぞ!」

と、気合いを入れるのですが、
当たり前のことながら新幹線・・・速い!

新横浜~東京間では

ジャンプを読み切る前に
到着してしまいます。

かといって、鈍行では満員電車で、
雑誌を読めるスペースはなし。


いっそのこと、
名古屋あたりに住めば
優雅な通勤ができるのでしょうか。


——————————–

さて、今回のテーマは、
農業従事者にとっては
切り札とも言える


相続税制の特例
「農地等の納税猶予」のお話です。


農地等の納税猶予の特例は、
農業経営を継続するための猶予制度です。

そのため、その農地で
引き続き農業を営む
というのが要件としては必須になります。

譲渡や農地以外への転用、
農業経営の廃止など、
農業を営まなくなった場合には、

利子税とともに
相続税を納付しなければならなくなる
のでご注意下さい。


20130613園部 納税猶予




<どれだけ、いつまで猶予されるのか?>


この特例を使うことで、
どれだけの税額が猶予されるのか、
といえば、

農業投資価格

を超える部分に対応する
相続税が猶予されます。


農業投資価格とは

農業の用に供すべく
農地として取引きされる場合に
通常認められる価格のことです。

通常、宅地として使うことを
想定した価格と比べ、


格段に安い値段です。


都道府県別に規定されており、
国税庁のHPで確認することができます。



この税額をいつまで猶予されるのかというと、
次の①~③のいずれか早い日(納税猶予期限)まで
猶予されます。

また猶予された相続税は
原則として免除されます。

① 農業相続人が亡くなった日

② 相続税の申告期限の翌日から20年を経過する日

(三大都市圏の特定市を除く
  市街化区域内農地等に対応する猶予税額の部分に限ります。)

③ ①、②より前に農業相続人が
 特例農地等の全部を農業後継者に
  一括で贈与した場合には、その贈与の日。

(特定貸付けを行っていない相続人に限ります。)


<分割協議を調えることと営農継続が必須の要件>


納税猶予の適用を受けようとする相続人は、
相続発生後10ヶ月以内に
税務署長に期限内申告書と所定の添付書類を提出し、
担保を提供する必要があります。


また、この特例の適用を受けるには、
相続税の申告書の提出期限までに
その農地等を取得し、かつ、
農業経営を開始するなどの要件を満たす必要があります。

そのため、
申告書をただ提出すればいいというものではなく、

遺産分割が調わなければ

適用対象外とされてしまいます。

当然、相続後も
適用要件を満たし続けなければならないので、
譲渡や農地以外への転用、

または農業経営の廃止等の理由で
農業を営まなくなった場合には、


利子税とともに
相続税を納付しなければなりません。


<営農困難時の貸付け要件緩和>


平成25年度の改正では、

営農困難時貸付けの適用を受けることができる事由に、

上肢又は下肢の一部の喪失等の
農業に従事することが困難な故障が生じたこと

を加える、としています。

かつて、納税猶予の特例を利用している農業従事者が、
猶予期限を確定させないがために、

故障が生じた後も無理をおして
自ら耕作を続けざるを得ない問題がありました。

そこで、平成二十一年度の税制改正で創設されたのが、
この「営農困難時貸付け」という制度です。

この制度を利用すれば、
農業を継続できない故障がある場合、

自身で耕作ができずとも、
他者に貸し付けて営農を行っていれば、
農地等の納税猶予の特例の適用対象とできます。

これまでは、
障害の程度がかなり重い場合にのみ
適用対象となっていたのですが、

今回の改正で、
より実態に合わせた運用ができることとなりました。


農地等の納税猶予は
都市近郊農家には「切り札」ともいえる
大きな優遇措置です。

適用要件をしっかり把握し、
漏れなく使いこなしましょう!




重要な改正はまだまだあります!

平成25年度税制改正内容のチェックは
弊社のHPで!!
 

東京・神奈川・埼玉の13拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

1:初回の無料相談は、完全に無料で対応しています!

なにをどこから手をつけたら良いか、分からない段階から、相談料などの費用が掛かってしまうと、安心して相談する事もできませんね。当法人では、完全に無料相談から相続税申告のサポートをさせていただいております。

無料相談では、「相続税申告が必要かどうか」「相続税が掛かる場合、概算でいくらか」「依頼する場合には、どれぐらいの期間・報酬・実費が掛かりそうか」など、お客様が気になるところを予めきちんとお伝えさせていただきます。

2:非常に柔軟な相談対応が可能です!

無料相談は、平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)日曜日(10時~17時)も対応しております。 ご相談は事前予約制となっておりますので まずはお電話または予約フォームにてお問合せください。お客様の利便性を重視して柔軟な相談対応をいたします。

また、ご依頼をいただいた後も、一般的な事務所とは異なり、お客様のご都合に合わせて、きちんと対応できる担当者をセットさせていただきます。お気軽にご相談ください。

3:全13拠点で、無料相談を行っております!

当法人の強みは、東京に4拠点(丸の内、新宿、池袋、町田)、神奈川に8拠点、埼玉に1拠点の全13拠点で、お客様対応が可能です。お近くの拠点にてご相談ください。

 

 

4:徹底したランドマーク品質で対応します!

当法人の担当者×税理士×国税OBという品質に加えて、当法人の徹底した調査と確認を前提として「この申請に間違いありません」と添付する事で、税務調査は実に1%未満となっております。これは全国平均の25%と比較すると圧倒的な実績となります。

当法人では、相続税申告のお手伝いをさせていただく方の大半(累計実績99%)の方に対して、書面添付制度を使って申告をさせていただいております。これによって、万が一のときにも追徴課税が通常に申告するよりも、安く抑える事ができます。専門家としてお手伝いさせていただくからには、プロフェッショナルとしての品質で必ずお役に立ちます。

5:お客様の状況に合わせて親身に対応します!

私たちの強みは、お客様ファーストで対応する事にあります。「申告期限に間に合わせたい」「納税資金が足りないので相談にのって欲しい」「出来るだけ適正に不動産評価を下げて欲しい」「将来、税務署につつかれないようにして欲しい」「…という事情があるので、報酬の調整を相談させて欲しい」「一番、税金が安くなる遺産分割の方法と、割合を教えて欲しい」など、お客様のご要望は様々です。

私たちは頭のかたい税理士法人ではありません。お客様ファーストの発想で、出来るだけお客様のお役に立てるよう、コーディネートをさせていただきます。

東京・神奈川・埼玉の13拠点で無料相談
まずはフリーダイヤルでお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • プロに聞く 円満相続 賢く節税
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介
  • 相続専門税理士の選び方
  • 相続税還付請求
  • 難易度の高い相続税申告
  • 3か月を切った相続税申告
  • 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 初めての相続税申告
  • 相続が開始されたお客様
  • 生前対策をご検討のお客様
  • 相続税還付サポート
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定